印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2009.07.28  何か手っ取り早いもの・・・

印刷メディア関連業界、紙の市場が縮小して旧来通りに商売しずらくなりましたが、「何か速攻でうまくいきそうな商材や市場は無いかな?」とどこの会社も考えているかもしれません。ワンストップサービスという言葉も最近良く使われていますが、意味を間違えると「印刷なら何でもやります」から「印刷以外でも何でもやります」のようなことになってしまうのではないでしょうか。ビジネスは人の裏に道が有るとすれば、今は意外と「徹底的に愚直に印刷をやる」というのが王道になるかもしれません。
⇒ヒューネットは印刷業界の経営者サポートと幹部候補人材の紹介を行っております!

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.24  会社を辞めたくなる・・・

最近のように景気が悪いと、金銭や身の安全が優先されたりすることもあり「わざわざ会社を辞める」事を無理して決意する人も少ないかもしれません。ただ、人間はパンだけ食っていれば満足するわけでは有りません。会社を辞めたくなる部分で、優秀な幹部候補人材が根本的な問題意識として持つのは、
・尊敬やあこがれ、目標となる先輩上司がいない。
(10年勤務して管理職でこの程度か?と失望する若者も多い)
・自分の仕事が変化しない可能性大、成長や学習とリンクしない。
・会社のビジョン、戦略がわからない、結局、将来性が無いという気持ちになる。
以前、ある方が言っていたので印象深いのは、「今の印刷会社には文化が無い」という言葉でした。その方の所属する印刷会社は表面的にはとても素晴らしい会社に見えたのですが・・・
印刷業界は縮小傾向になってからダラダラと今日に至る印刷会社が多いと思います。会社として業績の負だけではなく、社員のマインド低下・行動力低下にも繋がっているので、何とか連鎖を断ち切って印刷業界としてのビジョンが見えてくれば、皆で作っていければ良いのですが。
⇒ヒューネットは印刷メディア関連業界の人材紹介・転職相談・求人採用を行っています!

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.23  何かザワザワ

問い合わせというか、質問というか・・・印刷会社等から求人や採用関係の電話が多くなって来た感じです。ちょっと様子が変わって来ましたかね。

⇒ヒューネットは印刷メディア関連業界専門の転職相談に乗ります!

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.22  V字回復?

6月の紙・板紙関係の出荷が減少幅縮小?底打ち?みたいな記事が出ていました。印刷関係の受注も回復期待が有るようです。中には、4~6月の広告・印刷の予算執行が少なく、通年予算を通常通り執行すれば9月位から急激な印刷受注回復と叫んでいる方もいます。リストラ・倒産等で人材も流出していますので、逆に大変な事態に陥るかもしれない・・・そんなシナリオ、本当なら嬉しいですが。
⇒ヒューネットは印刷メディア関連業界専門の人材紹介会社です

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.16  新聞記事

キャノンMとピツニーボウズがDM印刷システム・・・という記事が出ていました。やはりというか、この手の記事では既存の印刷会社の名前があまり出てこない感じですね。話は飛びますが、最近のインターネット検索は商業ベースの結果が多く(当社も出向しているのあまり言えませんが)、積極的に検索した方が失望気味のような気がしてなりません。その意味では費用対効果も有りますが、的が外れていない誠実で嘘の無いDMでのご案内はもう少し見直されても良いかなと言えます。
⇒ヒューネットは印刷・製版・制作等の印刷メディア関連の人材紹介会社です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.14  職務経歴書について

印刷会社・印刷業界は即戦力志向が強く他の業界から未経験者(若手を除く)採用するケースは珍しいと思います。結果的に職務経歴書の「経験」が最重視されますが(不況の時代はどこも同じ)、多少大袈裟な話に無茶振りしますが、「経験を積んだ人が、それ以上成長しない人」だったらどうでしょうか?入社して直ぐは良いでしょうが、過去の経験を飯の種に出来るのは数年の話で、将来期待が持てる人材にはなりません。「成長しないなんて馬鹿にしている!」と言う人もいると思いますが、現状、自分でよっぽど問題意識を持った人で計画的に学習・自己啓発に取り組まないと、「皆、死んだ状態」なります。逆に言えば、皆、勉強や学習に飢えている可能性が高いと思います。会社が何年も同じパターンでやってくればいたしかたないのでしょうか。話はそれましたが、印刷メディア関連業界で転職をする方は、過去の経験もそうですが、「自分の強み・弱みを認識し、学習でどの分野を伸ばすか?そのことで将来、どう会社に貢献し、自らの成長を実感出来るか」まで考えるべきだと思いますし、職務経歴書にも「ビジョン」として触れるのはいかがかと思います。結局、会社経営と同じような話です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.10  プリントマネジメント

最近、プリントマネジメントという言葉が印刷業界でも認知されてきたようです。印刷会社の立場に立てば、今までよろしくやってきたのに邪魔をされる?というマイナスのイメージも強いと思います。でも、それは印刷会社の視点であって、そもそも印刷物を発注するクライアントも管理が難しい・大変だということです・・・よく発注側は楽そうだと思っている印刷営業マンも多いと思いますが・・・。メーカーでれ金融であれ、いくら発注金額が多いとは言え「印刷物そのものの管理は本業ではない」とも言えます。広義のアウトソーシングの対象として考えれば極めて合理的です。問題は、本来、印刷会社が印刷のプロでありクライアントのコンサルタントであるはずなのに、「印刷会社そのものにプリントマネジメントの依頼が無い」可能性が高いということです。「効率的な管理で生じた価値、印刷会社の原価低減で生じた価値」を新規参入したプリントマネジメント会社とクライアントに持っていかれるという悲しい現実も出てくるかもしれません。今の時代、新しい企画・提案と言っても簡単では有りませんが、少なくとも自社の持っている価値というものを相手にしっかり理解してもらう必要はあるかなと感じます。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.07  エコポイント・選挙

特需でも何でも構わないですから、印刷やWEBの仕事が増えるといいですね!これからは環境が大きなテーマですが、このテーマで少し息を吹き返して次なる戦略へのシフトを期待しています。デジタル化した印刷業界は方向を間違えなければ次のステージでは主役になれる可能性も充分有ると思いますが・・・その流れを作っていきたいものです。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.06  サイダーのCM

最近、三ツ矢サイダーのCMで「透明はごまかせない」というのにインパクトを感じました。子供の頃の喉がむせる?ような炭酸の刺激を思い出します・・・やはり夏ですね。ただ、「ごまかせない」という表現はあまり良くないですね。嘘や誇張無く正しくしっかり伝える・伝わることが大事だと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.03  面談した方

最近面談した方の話ですが、印象に残りました。小さな製作会社でDTP制作をやっていましたが、仕事が少なくなったので営業も行って「自分で新規開拓して、自分で制作を行う」ようになったそうです。結果的に営業に目覚めたようですが、自分なりに工夫して良く頑張っていると感じました。制作が出来る営業というのは強みが有ると改めて感じましたが、立ち位置・営業スタンスが程よいのか、お客様から様々な相談が増えているようで。その中で、お客様から他社にお願いしている印刷物について「この印刷物は品質と価格が妥当ですか?」と聞かれるケースも多くなったそうです。妥当でないものについてコンサルティングを行い、結果的にコストダウンに繋がった場合に「適当な差額」を報酬で頂くことも出てきたそうです。これはまさに、「プリント・マネージメント」的な事ですね。その方自身、まだまだ満足行く営業成績になっていませんが、溌剌とやっているようで、話を聞いていると今、お客様の望んでいることが伝わってきます。
⇒ヒューネット株式会社は印刷メディア関連業界に特化した人材紹介会社です!!!

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.02  ネットでお買い物

最近は財布が厳しいので欲しいものを直ぐ買えませんが、ネット・ショッピングを良く利用します。本などは圧倒的にAmazonで買うようになりました。買う際の自分のプロセスを追っかけてみると面白い事に気が付きます。私の場合は、だいたい以下のパターンです。
・買いたい物が決まっている(例えば、加湿機能付きの空気清浄機とか)
・必要な言葉で検索もしくはショッピングサイトをいくつか覗く。
・製品を比較して、買いたい製品を絞る(ダイキンの***、シャープの****)
・口コミとかメーカーHPを見る。
・買う製品を決定。
・どこで買うかを比較検討、どのネットショップが良いか、あるいは近くの***電機にするかとか
まあこんな感じです。検証してみると、短い時間にいろいろなことをやっているのに気がつきます。自分の仕事(印刷メディア関連業界の人材紹介)の場合、転職希望者や求人依頼をいただく印刷会社様が同じようにヒューネットに登録もしくは依頼の検討をしている!と当然の事に気が付き、何か判断材料をしっかり提供していたかとハッ!としました、と同時に結構難しいと思いました。皆様も自分の仕事に置き換えて、クライアントを考えて新規開拓を行うときなどは先方にしっかりとしたメッセージが必要だと感じてください。お恥ずかしい話です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.07.01  時代の変化

某インターネット広告の会社が有り(世に多いリクルート出身の社長のようですが)、そこの若い営業マンの話ですが、地方新聞社を辞めて今のインターネット広告の会社に入社したそうです。聞けば、地元では名門老舗の地方新聞では大手クラスです。何故か?「新聞はもう駄目じゃないですか?」ということです。地元感覚、昔からのブランド感覚では考えられないでしょう。話は変わりますが、記憶違いで無ければ、ユニクロの利益が百貨店4社を合わせた利益より多いと新聞でわざわざ故意?に記事で書かれていました。世の中が変わり、状況は大きく変わっても、昔からのブランド?が足を引っ張るのか・強いのか、何か自分に都合の悪い変化を見過ごす傾向が有ると思います。寄らば大樹じゃなくて、寄らば市場・顧客ニーズなのですが・・・印刷業界もインターネットにどんどん喰われていますが、人材が流出しないようにしないと厳しいですね。クロスメディアと言った部分で何とか巻き返して欲しいです。
【ヒューネットは印刷メディア関連産業に特化した転職支援・採用コンサルティング(人材紹介)の会社です】

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)