印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2009.08.31  ニッチな職種は紙一重

商業印刷、出版印刷というのは印刷業界の中でも労働人口が多い分野です。ところがその周辺になるとニッチなので急激に人材が少なくなります。例えば、ラベル・シール印刷、伝票・帳票等のビジネスフォーム、オフセット印刷でもUV厚紙系、転写関連などなどです。その業界にいれば、たくさん印刷会社があって働いている人が多いと思うかもしれませんが、印刷業界全体からみれば本当に少ないです。ニッチな分野で働く方は、転職しようと思えば案件が無い!という現実に直面しますが、裏を返すと、企業が採用しようと思ったときに人が居ない!という事態が起こります。当社でもニッチな人材を探していますので、是非登録してください。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.08.27  印刷業界はまだまだ合理化出来る?

印刷会社はまだまだ2万社位有るのでしょうか?個人経営も含めて多数の会社が有りますが、コストや収益管理等含めてしっかり経営が出来ていない会社も多いとすれば、それでもたくさんの印刷会社が残っています。違った見方をすれば、「実は儲かる業界なのでは?」と発想も出来ます。これから益々再編されていくでしょうが、その流れで核になる人材を供給して行きたいです。
⇒ヒューネットは印刷メディア関連産業に特化した人材紹介です

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.08.24  印刷関連業界で働く全ての方々

ヒューネットは印刷メディア関連業界での経験が有り失業して困った方の相談に乗っていますが、本来は問題意識をしっかり持った方に適切な環境(もっと活躍出来る印刷会社や職場)を提供したいという適材適社的な考えを持っております。依頼される印刷会社様に結果的に大変喜ばれるようなそんな紹介です。我々は過去に蓄積した情報網や口コミ・紹介・信用等をベースに営業しておりますが、本当にきめ細かい情報や末端の現場での情報等まで届きません。皆様の周囲で、やる気や能力が有るのにくすぶっている方等いらっしゃいましたら是非ともご紹介いただければと思います。求人案件の中には、客観的に見て「とても良い案件」というのも有りますが、紹介できなくて残念なケースも多々有ります。印刷業界の中には「人好き」「人の世話がしたい」方も多いので当社をご利用下さい。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.08.21  印刷営業の転職で仕事が持って来れるか?

最近、印刷会社の営業職で応募すると「いくら仕事を持って来れますか?」という話が良く出るようです。今年の年初からそういう話が多くなっていますが・・・質問する印刷会社、回答する求職者(印刷営業マン)ともに話のピントが合わないように感じますが。時間が有るときにでもゆっくり書かせてもらいます。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.08.20  選挙

選挙戦がはじまりました・・・恩恵を受けている印刷会社はありますでしょうか?某政党は消費者(個人・家庭)にお金を配る政策で消費拡大をうたっていますが・・・印刷物が増える方向になるといいのですが!求人は動き始めた感が有りますが、慎重姿勢は変わりません。しかし、すれすれの人員でやってますので、仕事が入り始めると採用が爆発する可能性も言われはじめています・・・どうなるでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.08.11  社内のマグマ

最近、T陽社さま・T陽印刷所さまと相次いで老舗がひっくり返りました。人材の件もそうですが、営業権や債権等も含め印刷業界に大きな嵐を巻き起こしています。2社は表層的な結果ですが、潜在的にはまだまだたくさんの予備軍が有ると言われています。倒産や民事再生等にならずに「内部崩壊」ということも有りそうです・・・人材、人のエネルギーというのは最も大きいと言えるでしょう・・・

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.08.10  エンドレス

改善(例えば印刷工場の生産性向上など)というのは終わりが無いです・・・。精一杯努力して何とか結果を出したと思ったら、休む間も無く次が待っています。結果を出すのが難しくなってきたので余計に厳しいですね。時間の経過、時系列の変化といった時間軸の概念に対しては何かとまどう事が多いです。有る特定の時間をぶった切って状況を調べる、過去の結果を吟味するとかは比較的馴染めるのですが、先の事となると尻込みしてしまう傾向があるように思います。「エンドレス」に続く事を当然と思うのは抵抗が有るかもしれませんが、少なくとも「生涯死ぬまで勉強」というのは実践して行きたいものです。
【ヒューネットは印刷メディア関連業界専門の人材紹介会社・コンサルティング会社です】

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.08.05  WEB・インターネット

印刷業界・印刷会社がHP作成やインターネット広告、ECサイト等も含めた提案がいまいち駄目な理由は何かな?と思うことが有ります。世の中の多くの中小企業は紙よりもWEBの方に力を入れていますし関心も高いと思うのですが・・・。一つには、クライアントからオーダーメイドで作ることに慣れているせいもあるかな?と感じます。指示をいただいて、ああしたいこうしたい!というのを形にしていく、一緒に作りこみをするというのはいいのですが、何かコンパクトなパッケージを組み合わせてという方が流行りかと思います。どこかと業務提携して、御社の商品をHPで販売しませんか?インターネット広告も行います!費用は・・・のパッケージでいくらです!その後のDMやパンフレット等をじっくり狙って印刷を拾うほうが得策だと感じます。ワンストップ、クロスメディアと言いますが、高額な受注で作りこむことにこだわっていると本業の受注にも影響する可能性も高いと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.08.03  過激な発言?

最近、印刷業界の経営者の方々と話をすると過激な発言が出ることが多いです。従業員の入れ替えみたいな話は日常茶飯事ですが、印刷業界出身者では駄目!極論では「日本人」が駄目!みたいな発言も出てきます。経営者と従業員の視点・考え方・発想等、隔たりが益々大きくなっているように思えます。今回の不景気は会社の存続を脅かし、生活を脅かしていますが、働く側はもっとチャレンジ精神を持たないと縮小均衡のスパイラルに陥っていくと思います。印刷会社の経営者と社員の隙間を埋めていくようなものを考える必要が有ると思います。⇒ヒューネットは印刷メディア関連業界の戦略策定のお手伝いもしております!

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)