印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2010.05.31  思いもよらない…

昨年、選挙が終わった後の雰囲気・・・今の状況は信じられませんね。

なんか世の中全体が市況商品や株みたいで、熱狂しているときに天井になって、
総悲観のときに底打ちする・・・

そいいう意味では印刷関連業界は総悲観ですね・・・
電子書籍とか
石油の値段がWTIで200ドル目指すとか言ってた時のような

でも、デジタル化、パソコンとか携帯端末とか、大きなトレンドは変わらないにしても、
何か歯止というか、人がこれ以上そういうものを触っているとまずいみたいな・・・
そんな感じ有りませんか。

DTPやってる人とか、30後半になれば絶対に体の調子悪いと思いますね。

振り幅が大きい状態で安定しないのが普通の時代なのかもしれません。

個人的には紙は健康的で知恵がわく、WEBは軽薄で健康に悪い!言いすぎでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.30  デフレ

値下げ・・・というタイトルのニュースが多いです。
値上げは資源に絡む市況商品で見かけますが、
輸入される資源が値上がりして、その加工品やサービスが値下がりするという負の図式からもう抜け出せないのでしょうか。

新興国ではインフレ傾向、日本はデフレ、その収斂先が仮に中間だとすると、まだまだ値下がりの圧力が強いのかもしれません。

そのうち、家族を海外で生活させて日本で働くお父さんが仕送りするということも・・・現実的ですね。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.29  iPaD

騒いでいますね、いろいろと。
自分自身まだ持っていないし意見を言うレベルでは有りませんが・・・

電車の中で読む朝の新聞、これは絶対にいいと思いますね。
読む前は貴重でも読み終わると紙屑、もったいない、気になったところをさっとデータで残しておけるとか出来れば便利ですね。画面もそこそこ大きいから今までの新聞と近い感覚でざっと読めれば尚良しです。

本はどうなんでしょうかね・・・わかりません。

週刊誌や情報誌、特定の記事だけ買えるとか出来れば、衝動買いしたりするかもしれません。
一冊は要りません。

紙の文化とか出版社の役割とか・・・言っていますが
何か既得権益を守ろうというニュアンスに聞こえないように発言して欲しい気がします。
今までが駄目だから新しい電子出版や携帯端末に変わるというのではなく、
今までの仕事の良さ、価値をしっかり理解してもらうことも重要だと思いますが。
いずれにしても携帯端末に喰われる既存の紙媒体は、そうなるのが合理的であり必然なのでしょう。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.27  学習と成長

会社の戦略を考える際に戦術や顧客満足、具体的な業務等を考えるのは、普段から問題意識を持って仕事をしている人が論理立てて真剣に考えれば何となくは出来上がります。

それが実際に実行されるかどうかというのはまた別の話であり、例え恐怖政治で管理しても長続きするか疑問です。

結局、土台は人材であり、変化に合わせてその人自身の成長が継続するかどうかだと思います。仮に能力が高くて知識や経験が豊富でも進歩が無ければ・・・直ぐ陳腐化し、その考えに固執した場合は逆に手に負えなくなるということも考えられます。

人材や組織の学習と成長⇒仕事の仕方を変える⇒顧客満足を高める⇒儲かる

成長が止まる⇒マンネリ・陳腐化⇒顧客離れ・不満⇒売上減・儲からない

この最初の部分「進化する人材と組織」とても大事だと思います。

「俺はやってる」「努力している」「苦労している」という言葉があったとしても・・・
実は成長が止まっている事が根本かもしれません。
チャレンジ精神も喪失しているかもしれません。


投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.26  4月の求人二桁増!!!

今日の夕刊に出てました・・・

リクルートやインテリジェンスの求人依頼数(人材紹介会社)が伸びていると。

当社でも5月は急増しました。印刷・包装パッケージ業界の受注が伸びているわけでは
ないようですが、底打ちの確認による投資マインドが変化していると思います。人材投資、
そして設備投資(印刷機等)に絡んだ人材需要、意外なところではリストラでスリム化した
会社の若返り等です。

そろそろ情報収集してみてはどうでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.24  なしくずし?!

選挙での公約が実現されずに今日に至っています。

ギリシャの財政危機やユーロの問題・・・タイミング的には緊縮姿勢も大切ですが

コミットしてやらない、なし崩し・・・これって一番まずいですよね!
会社にしても日々の生活にしても。
腐ります。

出来ないなら説明も必要ですが、代わりでも何でも他に何かやらないと。

何もしないで、今までの悪習と同じでは、本当に腐ります。

元々、新政権はやるのが遅い。ものには限度も有ります。
プライドを持って、世論と戦ってでも実行して欲しいと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.21  印刷業界の将来性と給与・・・その1

「印刷業界の将来性」「印刷業界の給料」・・・・・

皆様が関心のある言葉のようなので、折に触れて好きなことを書こうかと思います。

先日の新卒セミナーでも「将来性」について質問が出ました。当社の担当者は平然と答えていましたが、内心はドキッとした部分も多々有ったようです。

将来性と給与というのは連動した部分も高いのですが。

そもそもが、印刷の「需要と供給」「技術革新による高付加価値化・・・結局は需要と供給ですが」という単純な視点で考えればどうかと思いますし、何より同じパターンで何年も儲かり続けるのはどの業界でも不可能なので印刷に限った話とは思えません。

仮に印刷業界に新規参入するとしたら「どんなサービスや戦略、組織で参入したら儲かりそうか」?こんな部分にも思考のヒントがありそうです。

要は、需要と供給のバランスが良く高付加価値化が出来ている印刷会社は、儲かっているし給料が高いです。そういう会社が結構有りますが、目立たないだけです。或いは継続的な努力をしている会社で花が開きそうな会社も有ります。

全てを同一視することが間違いの元だと思いますが。

それと・・・かなり早い段階で大きなリストラをやった印刷会社、軽くなった今、経営者は明るくなっていると思います(これがなかなか出来ませんが)。これからは儲かっている会社でも常にリストラが必要になってくる時代です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.20  業界の求人が底打ち

あきらかに状況は変わりました。

求人依頼が増えています!今までと違います。今月になって急激です!!!

現職の多くの方が転職情報を調べていない(本当は転職したくても)可能性もあり、
そろそろ転職マインド復活でも良いのではと思います。


投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.19  新卒セミナー(印刷関連業界)

本日は第7回の印刷関連業界の新卒向けセミナーが開催されました。参加された皆さま、お疲れさまでした。

会社って結局は人材です。

優秀な人材に多く稼いでもらう、それが一番儲かります。

金の卵を発掘して、目先10年、いや入社後3年の鍛え方で大きく変わると思います。
その間に学生時代以上に考えさせ行動させしつける。

上手くいけば余裕のない中小ほど恩恵は大きいはずです。

投資とは何か?純粋に考えればまさに人材だと思います。

⇒ヒューネットは新卒の紹介をやっています。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.18  転職先におみやげ(印刷物)を持って行ける人

一昔前は転職先のパッケージ会社や印刷会社に得意先を持っていくという人材の案件はあまり扱っていませんでしたが、最近はそういうケースも多くなりました。勿論、人物本位ですが、受け入れ側も人材も死活問題なのである程度しょうがないと思います。

そういう人材のモラルってどうかとか議論も有りますが、ちょっと違う視点で見れば「自らの責任を負える人材」「程度の差はあれ経営幹部になりうる人材」とも思えます。

前職のパッケージ・印刷関連会社でその人はどうだったのでしょうか?全てにあてはまりませんが、NO1の会社に必要な営業マンではなく、2番手もしくは上位ではあっても「会社の方針に合ってない人」と本人も会社も思っていたかもしれません。優秀だけど何か違和感があったと思います。

発注はクライアントが意思決定(あたりまえ)しますが、その人材の良さが活きるクライアントにメリットのある会社に移籍すれば・・・間違いなく売上も増えるし全てハッピーです。

さて、退職された会社はどうでしょうか?仕事が減るかもしれません。

意外と問題無かったりして、すっきりしているかもしれません。そんなにダメージが大きいとは思えません、多分はずれてないでしょう。

自分の力を外で試したい方、是非当社にコンタクトしてください。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.17  メールとかインターネット・・・

メールとかWEBが発達して就職・転職活動がやりやすくなったり様々なサービスが提供されるようになり、概ねプラスと考えられます。でも落とし穴は無いでしょうか?例えば学生が大企業にネットで応募が殺到、案件の説明から書類選考の合否・・・全てメールやネット・・・これでいいと思いますせん。

我々は日々人材を探していますが、たった1本の電話で声の調子から書類では計れないものを感じたり、書類は良いのにちょっとという場合も多々あります。そもそも、電話をするとか訪問するとか「積極性」と取れるほど皆がパソコンや携帯好きです。

逆に立派に書かれた求人案件、素晴らしいですが、スペック偏重で紹介会社は言われたことしか聞いていないとかも十分あります。

いずれにしてもデジタル偏重は良くないと日々感じます。

⇒ヒューネットは印刷メディア・包装パッケージ・物流関連に強みのある人材紹介会社です!!!

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.14  美人なアシスタント?

知人と食事をしていて言われました・・・

自分でしなくていい仕事、自分でやると効率の悪い仕事とかやっちゃ駄目だよと。

アルバイトで短時間でもかわりにやってくれる人を雇うのがいいと。
美人のアシスタントであれば尚可だと。

結局、周りの社員みんながやる気倍増!という最高のインセンティブにもなる。
予算5万位でこれだけの効果は無い!

力説していました。

そりゃそうかもしれません。


投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.12  聖域無き・・・

有る人が言っていましたが、「選択と集中」「撤退と集中」「破壊と創造」・・・日経ビジネスにも書いて有りますが・・・よくよく意味を考えると、

選択・・・なんと優しい言葉、曖昧な言葉、ごまかされそうな言葉、結局何もしない
撤退・・・選択に比べれば強いですね、みんなが何となく同意している感じで、きっぱりやめる
破壊・・・壊れにくいものを壊す、犠牲者が出る、誰もが嫌がる、利権的、病巣を守りたい人から奪う

勝手な解釈ですが、

今の時代はまさに「破壊」を決断しないといけないのかもしれません。
多分、選択とか資源を集中とか言っている会社はダメかもしれません。
1人1人のビジネスマンも自分のこととして考えるべきかもしれませんね。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.11  受け身からの脱出

印刷業界、受け身から脱出しましょう。

お客から言われた事をただこなす、要求を飲む・・・このこと自体よりもっと悪いことは、

慢性化した思考が主体性や行動をむしばみます!どういうことか?

「お客から言われる」ことが全ての前提ですから、お客から何も言われない(仕事が無いと言い換えてもいですが)と、「何もしません」「何も手立てが有りません」

考えれば出来ることはあります、直ぐ売上に直結しないかもしれませんが。

限界まで追い込まれれば、知恵も湧くかもしれませんが、ゆでがえるの安楽死を喜んで受け入れる人も多いかもしれません。捨て身の中に光明もあろうと頑張りましょう。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.09  遅行性?

広告とか印刷とかって・・・景気に対して遅行的です。

株が底打ちして上昇して、景気回復とか言っていますが、まだこっちには回って来ませんね。

先日、凸版印刷と三浦印刷の記事が出てましたが、三浦印刷のコメントに受注回復の兆しが有るみたいな
話が有りました。この手ごたえを確実なものに・・・みたいな久しぶりにプラスな話です。

振り返れば、景気のピークから早2年位は経過しています。構造的な問題は別にしても循環的な話であれ
ばそろそろといういう感じです。あの百貨店でも持ち直してきているようですからね。

今少しの我慢と準備を怠らずに頑張りましょう。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.07  雄気堂々

渋沢栄一を題材とした城山三郎の小説ですが・・・読みました。良かったです。

志が大切です。

志が無かったり低いと、結局、些細なことやどうでもよいことに右往左往するんですね。
起りもしてないのに不安を感じ行動が狭まったり・・・ババ抜きのババにはなりたくないとか
何か、日本中がそんなマインドのような気がします。

背筋を伸ばして、時には捨て身で勝負する!いい意味でのプライドを持って!

そもそもサラリーマンて変ですよね(自分もほとんどサラリーマンに近いですが)
公務員もサラリーマンも依存心が強いとただの奴隷です。金に縛られ、本当にやりたい事が
出来ていない人がほとんどです。海外旅行に今直ぐ行きたくても行けますか?
挙句の果てには、まだ何十年も先の年金なんか心配して老後とか言っています。
定年退職しても長生きしたい!結局、金が心配。

だれかまじめな顔して「死ぬまでに成し遂げる」とか言っている人いますか?

人の価値とか生きたあかしとか、生かしてもらうってどういうことかって大事だと思うんです。
志を立てて果たす、そのプロセスにこそ評価すべき大きな価値がある!という風土が育て
ば皆、活き活きとした顔で日々過ごせるのでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.05.06  こんな時に転職なんて・・・

「こんな時に転職なんて・・・」思っている人も多いと思います。多少の不満は有っても我慢の許容範囲であればしょうがないとなるかもしれません。本来は不本意な職場でいつか転職と考えている方でも、わざわざ求人のチェックもしないかもしれません(だから実は現職の方には競争が少ないとも言える部分があります・・・)
景気が良い時と比較すれば少ないかもしれませんが、「これは」と思える案件が出てきて人材がいそうでいないというのは良くある話です。弊社で今扱っている京都の印刷会社さん(枚葉オフセットのオペレータ、機長もしくは紙積みを募集中)なんかは、ここ数年の経営革新でいい感じになってきています。いわゆる会社の方針や方向性が明確になってきているので、そういうことに敏感な人にはとても働き甲斐や夢を持てると思います。
その他にも時代のトレンドを行く求人等も有りますので、気軽にお問い合わせ下さい。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)