印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2010.08.31  デフレギャップ

25兆円らしいです。
25兆円も需要が足りない。

物価も下がりやすいし、円高もきつい。

工夫しないと需要を奪えませんね。

例えばですが、今何気なく受けている印刷物があれば、
その中味についてより良くなるような事を考えたり話をしたり、
改善提案したり「余計なことを」してみてもいいかもしれません。

意外とヒントがあるかもしれません。

 

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.27  少しは楽観的に

経済誌に書いていました、

高度経済成長スタート~18年~オイルショック~18年~バブル崩壊~18年~リーマンショック

これを考えれば、今は底打ちでショックとか危機とかいう言葉は17年後です!
今一番きついかもしれませんが(歴史的な厳しいポイント)、逆に考えれば、
少し気持ちが楽になりませんか?

これからの周期で、トレンドやテーマを間違えないでマクロの視点で戦略を練れば、チャンスも出てくるのではないかと思います。

果たして印刷業界の将来は如何に?

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.26  数量減・単価減

売上=数量×単価
です。

数量が減れば、設備や人の稼働時間が減るので、新しい仕事を入れる努力をします。
単価を下げて仕事を取ります。

単価が下がれば、利益が減るので、材料費や人件費に下落圧力がかかります。
少ない人数で同じ量の仕事を行う必要が生じます。

設備投資の機械も値下げが必要、土地も設備も価値が下がる。

円高で輸入品が下がる、円ベースの輸出の売上が減る。
益々厳しい。

ちょっと乱暴ですが、デフレや円高の実体経済への影響はかなり大きい。
円高は過去数十年、必然だったとすれば・・・日本で付加価値の低いものを作って
はいけないということだったのでしょうか。

印刷会社は似たような設備なので余計に値段が下がりやすい。

いずれにしましても、単価を下げない努力をしないと際限がありません。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.24  解雇解禁

某週刊誌の過激なタイトルです。

奇妙な話ですが、資本主義国家日本では長らく今も会社が社会保障を引き受けてきたんですね。
倒産するときもみんな一緒なんです。

良し悪しは別にして、このことが「今の再就職を厳しくしている」、採用すれば簡単に解雇できませんから。これじゃ今失業している人はチャンスが無い。

これは困ります。

損得や世間体は別にして、一生一つの会社で勤め上げるというのは、常識では無くなっていますから、仕組みを変えていかないと社会や産業の活性化にもつながりません。一部の特別な会社を除けば栄枯盛衰も必至ですから。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.23  広告も成長機会のありそうな海外で

今日の新聞に書いていました。

当然だと思います。

出来れば日本の印刷会社や広告代理店でサポートできれば良いのですが。

先日、某制作会社の社長が中国で**電気のチラシの制作の仕事を取って、
中国語の出来るDTPオペレータ・・・と話をしていました。ついでに、秋葉原あた
りの観光客向けのパンフレットやチラシも取りたいようですが・・・

日系企業のSP関連を、日本の会社に受注して欲しいです。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.22  サザエさん

携帯電話とかパソコンとかデジタル機器が無くてアナログです。
ゲームも無いですね。

結局、デジタル系って1人でもくもくと何かやってるみたいな感じですが、
アナログだと誰かと遊んだり会話してます。

不便もいっぱいありますが、ホッとするような。

若者は携帯の無い生活に耐えられないという人も多いと思いますが。
年輩の方は携帯無くても困らない人も多いでしょう。

何でもアリの世の中ですが、デジタル化で壊れる価値???みたい
なことには注意が必要な時代だと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.19  結局何が幸いするのか・・・

自分は不幸だと思っている人が多いんでしょうか。
人生こんなはずじゃとか、岐路での選択を間違ったのではとか・・・
自分以外の人が幸せに見えたり、うらやましく思ったり。

以前何か新聞のコラムに人生プラマイゼロとか書いてました、
お堅い本や論評では「そうじゃないよ」と書いていても、一度
マイナスの思考スパイラルに入ると冷静に考えるのも難しく
なります。

多分、一般的に恵まれている人もそうでない人も皆、何らか
の悩みが尽きないと思いますが、
そうだとしたら自分だけがということはありえません。

個人的な感じですが、プチ幸せを日々たくさん感じられる人が
幸せかな?と思いますし、自分の思い通りにならないことに
執着したりする往生際の悪さというか、諦めの悪さ、捨て身の
開き直りのなさとか問題だと思います。

印刷業界は変化の中で従来のビジネスが低迷していますが、
古き良きパターンにしか喜べないとすれば沈むばかりです。
物を作る楽しさとか原点のプチ幸せを積み重ねましょう。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.18  新卒採用

学生の皆様は厳しい状況が続いているようです・・・
就職活動も先ず「営業」みたいな感じです。
営業して会ってくれたら中味が問われる・・・
世の中の営業マンと同じ苦労をしています。

先日、某印刷会社の社長からヒューネットの新卒紹介について
好評価の言葉を頂戴しました。勿論、中小企業ですが、
一般的な採用フロー通りにやるととても大変だし、結果的に
採用できるかわからないのが現実です。例えば、
説明会を告知し何回も行う・・・すごい大変です。

印刷業界の会社の中には紹介した人材の保証を求めるような
空気もありますが、採用フローの中の手間暇も考えれば、
我々の仕事に対して理解が深まると思いますが。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.16  希望する仕事

20代の方は「自分の本当にやりたい事」に対して夢を持つ方も多いです。
自分の仕事はこれだ!と探します。

ポリシーがあって、素晴らしいことのように感じますが・・・
どうなんでしょうか。

一つには、その背景やその実現に向けて努力していて「機会に恵まれない」ケース。
一つには、突拍子の感が有るケース。

どちらがどうのこうのというつもりは有りませんが、敷いたレールを思った通りに走れる
ことは世の中ありえませんし、レールが意外な方向に流れることも多いです。
大事なのは、レールが思ったのと違った時にあわてることなく、勇気を出して違うレール
にチャレンジすることではないかと思います。

自分の信じた可能性が一番安心できるということで、それ以外のことに目をつぶる!
一見すると素晴らしい信念が、実は臆病の裏返しにならないようにと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.16  儲けるために

印刷会社の経営、

固定費ですね。営業強化では限界がある。人件費、入れ替えも視野。

忙しい時の「高技能者の派遣」というのも本当はやりたいのでしょうか。

デフレが続くことは本当にきついです。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.12  コンサルティングとかソリューションとか・・・

結局、クライアントは印刷物というハード・目に見える納品物にのみ価値を見出さない。
そうであれば、印刷物を市況商品にしてしまえば良いのですが。
4C印刷物先物とか上場させてリスクヘッジしたり・・・
受注が減っても利益出すチャンスが生まれるとか。

通販会社でも流通でも金融機関でも、この印刷会社のこの営業マンは役に立つ!
と思わせるかどうかです。発注担当者の業務遂行に役立つ、知恵を出す・・・
「この人は価値が有るから高い」と思ってもらえるようなのが理想ですよね。

印刷物というハードの供給だけ!から脱皮しましょう。

自分で物を買う時もそうでしょ、物そのものだけの価値以外の要素の方が大きい。



投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.12  安定した会社

安定した会社に入りたいという人は多いです。

大袈裟に言えば「将来が不安」が発展して「生存危機」みたいになっています。

現職の人の方が危機が高まっている感じです。

失業している人は現実に直面し将来のために一生懸命探していますから・・・

安定した会社に入りたい!というのはある意味、皆そう思っていてるのですから、
わざわざ発言されると、ちょっとしらける感じもします。

そういう意味では、今の公務員人気、目指している人は努力していますから
偉いですね。

もう少し勇気を持ちましょうよ。






投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.11  合成の誤謬

ミクロとマクロで異なる、個別の行動結果と全体の結果が合わない、思わぬ結果になる・・・
こんな内容だったでしょうか?経済学部の学生が良く知っていると思いますが。

思い当たることいっぱいありませんか???

印刷業界、印刷会社の経営、バブル後の日本経済・・・
価格を安くしてその分売上を増やしたい(維持したいかもしれませんが)、
結局まわりまわって、蟻地獄。
皆がババ抜きでババを引かないようにしていたら、みんながババを引いてしまったみたいな。

マクロの視点が足りない、甘いんだと思います。
誰かがリーダーシップを発揮して、個別の行動(間違った自分たちの都合)をやめさせないと。
市場原理資本主義と言ってコモディティーみたいに扱うと産業が潰れると思います。
政府の役割は大事ですね。



投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.10  古い印刷機

例えば、償却が済んだ古い印刷機、いっぱい有りますよね?

一部には償却が済んだ印刷機だから安い値段で受注してもOKとか言って・・・
大切に使用しています。
先進国の日本が古い印刷機使って、中国で新しい印刷機使ってたりして。
変だと思いますし、これってデフレを加速させてませんか?
多くの経営者が間違っているような気がするのですが・・・

今日の朝刊に中国で古い設備を強制破棄させる記事が出てました。
結果的に需要と供給のバランスも良くなる。

日本も考えるべきでは?

それと同じ朝刊の「経済教室」
何でも自前で一貫生産体制を構築し、それにこだわったことのマイナスが
書いてあったような?国際分業で日本の担う部分(付加価値の高い部分)
にシフト転換を主張してました・・・略
直近までの、円安と欧米の経済成長が「勘違い」の元みたいな・・・
するどい記事でした。
印刷会社も強いところに特化しないと、弱い部分をダラダラ続けると全体
で迷惑になると思いませんか?結局デフレ。

後半の記事は、大先輩**人材の**さんのレクチャーのおかげです。
ありがとうございました。


投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.10  こんな時だから、こんな時でも

印刷関連の会社の求人側、
転職や就職希望の人材側、

GAPが有ります。需要と供給、クリエーティブ系はだいぶ給料相場が下がりました。

印刷会社は「こんな時だから」・・・良い人材が欲しい・失敗したくない
人材・応募者は「こんな時でも」・・・妥協はしたくない・失敗したくない

「こんな時」と「失敗したくない」は共通です。

でも、採用側の良い人材が欲しいについては、こんな時だからは通用しません。
でも、人材の妥協したくないは能力が不足したり努力の足りない人には話になりません。

ぶら下がりの人材も駄目、会社のレベルや範疇を超える人を採用しようと思っても駄目。

価格と量だけで決定しない複雑な需要と供給です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.04  円高

最近また円高基調です・・・

欧米も景気がいまいちで、デフレ・金利低下傾向。

政府も「円高修正」「資産価値向上」と大胆に宣言して政策を考えなさい。
日本経済は外的要因やマインドに支配されて、内需を中心とした経済活動も、
その影響が大きいのですから。

「気」に振り回されるのはマズイです。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.08.02  人材紹介会社の存在価値

(弊社は印刷関連業界専門ですが)人材紹介会社の価値!

日々考えさせられますね。

言えることは「日々、年々、期待価値は変化し高まっている」ということです。
期待に応えるのが難しくなっていると思います。

会社・経営者は期待がどんどん大きくなっていますが、その期待を満たしてくれると思っていないかもしれません・・・とても残念ですが。

人材は、会社の求めるレベルに追い付いていない・・・問題意識や学習が不足していますが、その辺についての人材紹介会社のコンサルティングがしっかりできているのか?疑問です。

会社にも人材に価値を提供しないといけないのですが・・・

我々自信が先ず自らを磨いていかないといけません。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)