印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2011.05.30  慎重過ぎないか・・・

以前も書いたかもしれませんが・・・

デジタル化が進み、株式市場でのホリエモン事件・リーマンショック、一体的なグローバル経済、地震、債務問題・通貨・・・非常にリスクに敏感になって、「何かあったら先ずストップ・様子見」という逃げたもの勝ちみたいな、そんな雰囲気になってきたと思います。本来はトレンドがあって、少し長い目で見れば変わらないのに、我先に逃げるという行為が実体経済にもろに影響する、と思いませんか。

日本人の心に余裕がなくなっていることも大きいのでしょうか。
結果的に、核心が無く右往左往の風見鶏のような感じで。

将来のお金に不安を感じる若者も多い。
でも、いくらあっても不安はなくならないと思うし、違う副作用も発生しそうです。

豊に生きる・内面を充実させて生きる、自分はこういうことを成し遂げたいとか、
ベースになるビジョンや考え方ともっと大切だと思いますが。
お金をためて不安に備えるのもいいですが、何に使うんですか?とも言いたい。

今日の私の日経で、「月給取り」「サラリーマン根性」になったことがないというコメントが有りましたが、腹をくくって生きないと何にも出来ないと思うのですが。
新しい機会や経験が物事の考え方を変えて内面や行動が充実する・・・思い切った消費も以外と意味があるように思えますが。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.05.16  応用出来るところを考える

転職の際に、企業が求める経験や能力が高くて、人材とのGAPが生じていますが・・・

人材がなかなかいないという話になってしまいます。

そこで大事なのが、過去の経験や能力を棚卸して、その周辺で重なる部分や応用可能な範囲を考えることです。結構面倒な作業で自分では気付きにくいかもしれません。

その作業を助けるのが人材紹介会社のコンサルタントの役割の一つです。
想定外の提案の中に面白い話があるかもしれません。

いずれににしても継続した学習・凝り固まらない柔軟な思考は必須です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.05.13  他人の知恵

営業に対するクライアントの要望が難問になってきています、或いは「言っても無駄」と思われて重要なことを言わなくなっている部分もあると推察します。

自分1人で考えることの限界、先輩・後輩といった自社の知恵もあまり役に立たない・・・

ノウハウを持った方の知恵を知りたい、やり方を聞きたいと思う人も多いと思います。
話の内容にもよりますが、弊社に来られた多くの方々のノウハウを聞くことは可能です。
知恵を持った方の紹介も出来ると思います(仕事で返してもらうことで可能かと思います)

ネットワークを活用できれば幸いです。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.05.09  変化を作る

私は大昔、株の営業をしていたことがあるのですが、一番困るのは変化が乏しいときです。
上にも下にも行かない、凪のような相場のケースです。
よく変動の激しい世界と言われますし、為替や商品市況はもっとすごいかもしれませんが。
昔は実体経済は、物を扱う商売は安定しているとか言われていました。

今はどうでしょうか?

何も変化が無いと、ジリ貧になるということがわかってきています。
かといって、ビジネスチャンスになるような外部要因も少ない場合・・・

結局、何か変化になることをして、その変化が変化を呼ぶような・・・
そんな中に仕事のチャンスが生まれてくると思います。

身近なことでも構いません、あまり我慢をしないで好きなことを好きな
ようにやってみるからで良いのではないかと思います。



投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.05.02  包装・パッケージ印刷絡み

包装・パッケージ印刷絡みの案件は根強い感じです。
正確にはその周辺ということになりますが・・・機器、製版、印刷機等

一般商業印刷や出版印刷等はやはり今回の震災の影響も大きいようです。

グラビア、フレキソ印刷、ハイエンド製版、デジタル印刷機(ソリューション)・・・

外資系の案件が多いので英語力もあった方が良い感じです。
新しいビジネス分野にはどうしても外部からの人材が必要ですが、
経験者を確保するのは難しいようです。


投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)