印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2011.09.28  パッケージ業界へ熱い視線

業界の方も転職希望者も包装関連印刷に注目しています。

生活必需品で無くならない、生活の多様化で様々な製品が上市される・・・

絶対に無くてはならないもの(食品とかエネルギーとか)以外は駄目なのか?
と思いたくなります。

そんな必需品だけで人間が楽しく生きていけるはずもないと思います。
デフレって言うと経済とか金融的な感じですが、
身近な物の価値をどんどん認めなくしていることにも思えます。

しかし、そんな必需品ばかりって商売で本当に儲かるのか?とも思います。
少しくらい遊び心や山っ気もないと・・・

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.26  面接再考

やっぱり、常日頃、様々な「問題意識」を持ち自分の意見を持っているかどうかなんでしょうか。
書類が通ってしまえば、面接ですが、質問に対して自分の考えを筋道立てて言えることです。
更に言えば、「知行合一」?というか、入社後の行動とイコールだということです。
予防線を張って言葉でごまかせる人もいますが、最終的には実践力です。
そうなんです、緊張感とプレッシャーは本来、「自らの内にある」ものなのです。
そんなことを感じました・・・

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.22  印刷以外のアウトプット

先日、JALの客室乗務員向けのマニュアル等をiPadにするという記事を新聞で見ました。
言うまでもなく、合理的な理由からです。
コンテンツそのものは無くならないのですが、印刷はしないのです。
印刷会社は印刷会社ですから、印刷以外のアウトプットでお金を儲ける事は苦手です。
仕組みをひっくり返すような提案をしていかなくてはいけないのですが。

例えば、ハード・ソフト(システム)との組み合わせがわかりやすいかもしれません。
印刷業界で言えば、アナログ製版からデジタル製版・CTP出力はその組み合わせで大きく変わりました。

直ぐ目が出にくい時代環境ですし、目に見えにくいサービスや人減らしにドライブの掛かる提案、相手が理解できない提案は難しいかもしれませんが、営業は本質的な話をどんどんしていくべきだと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.16  地方の印刷製本オペレータの方へ

東京都内の中堅印刷会社ですが、先日、被災された方を採用されました。
地方の方にすれば充分な給料も提示されましたしご家族も呼べると喜んでいました。
この会社ですが、ワンルームの寮があり部屋がたくさん空いています。
その額、15000円/月額と格安です。都内ですよ。
平台オフセット印刷オペレータ、折り綴じの出来る製本オペレータを募集しています。
弊社まで気軽にお問い合わせ下さい。
ヒューネット株式会社
03-6272-3221

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.06  人材を探す難しさ(プリプレス+英語力)

製版・プリプレスの人材で実力のある方はたくさんいらっしゃると思います。
画像処理、スキャナ入力、デジコン出力、面付け、カラーマネージメント、印刷方式(オフセットやグラビア・フレキソ等)の知識と印刷の上がりイメージ・・・
SP印刷会社やパッケージ印刷会社で経験を積んで若手リーダー的な存在になった方々です。

しかし、このスキルに語学力が加味されるとなると!!!
とたんに人材がいません。
所謂、ディレクターやデザイナー系だといらっしゃるようですが、求められる人材と異なってきます。

海外進出している印刷会社やマニュアル印刷会社の一般印刷部門、外資系印刷機器メーカーへ転職した方とか、特別な事情や1~2社転職したとかでもないと難しいのかもしれません。

少なくとも英語勉強中とか以前は使っていたとか得意だったとか・・・自薦もそうですが知人友人家族の他薦でも構いませんので情報があれば教えてください。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.09.02  印刷営業マン・・・求められること

「仕事を持って来てくれる人を採用したい」
これはさすがに採用側も難しいとわかってきた感があります。
クライアントが会社も含めた総合判断で発注を決めるわけですから。

次は、

至ってオーソドックスです。
きちっとした営業が出来ることです。
きちっとしたというのは、意外と出来ないのですが。
クライアントから「こういう仕事があるんだけど」ということを言ってもらって、
何とかする、丁寧にスピード感を持って対応するでは不充分です。

ある意味では、如何にクライアントから情報を引き出すかであり、そのため
には、今までと違った情報収集や動き方になるかもしれません。
新規開拓と同じです。

大手であれば、先方のビジネスモデルを理解し、過去のIR資料をよく読み、
組織や経営、キーマンを押さえ、人が何をしようとしているのかを押さえ・・・
こちらからパートナーと思われる話をして、「いいね」と言わせて・・・

巡って、ソリューションにつながる相談や、あっさり仕事をもらうことになる
と思います。

印刷の知識で同業や顧客より優位に立つも以前大事ですが、
商社マンの営業に近いかもしれません。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)