印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2012.01.24  給料の高い人・安い人

印刷関連業界の賃金相場も昔に比べるとだいぶ下がりました。
同じような受注単価、設備・・・
皆どこも同じように収斂するのが道理ですが。

それでも、大手を除いて、「え、高い」という人「え、安い」という人がまだまだたくさんいる感じがします。

高い!人は、勿論それなりの仕事をしている人だと思いますが、仕事の質をあげておかないと、何かあれば非常に厳しいと思います。最近は顕著に人の入れ替えを行って人件費を下げたりしていますので。給料も結局、市場原理が働いていますので。

極端に安い人は、その程度の仕事というよりは、「その会社にいるのをやめた方が良い」可能性が高い気がします。経営が悪いのか配分が悪いのかは別として、努力も報われないと思います。

弊社に相談してください。

投稿者 ヒューネット (18:10) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :