印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2012.03.30  想像力を豊に・・・

コミュニケーション全般に言えますが、

相手の話に対してどう返すか?

この力量が重要です。

その人の能力がわかりますし、視野が広い狭い、何か特定の価値観に縛られていないかもわかる場合があると思います。物事をどう捉えるか?白と黒両方が見えているかなど・・・

例えば、面接では本当にそれがわかります。
意表を突く質問をされたときどう返すか?
テクニックというよりはその人そのものなのかもしれません。

日頃より想像力豊に問題意識を磨いていないといけないんだと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.03.23  人はパンのみにて生くる者に非ず・・・

転職される方の中に依然として多いです・・・ 仕事の質ややりがいや人間関係、経営者や方針との相性など、 どうしても譲れないことも多々有ります。 印刷業界、会社の業績悪化やリストラ給料ダウンで現実的に転職をせざるをえない方も多いですが、 やはり前向き主体的に「こういう方向で」というのが望ましい気がします。 ***印刷関連業界の人材紹介会社:ヒューネット***

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.03.21  本当の理由は・・・

印刷業界の若手世代で他業界への転職希望者が多い・・・ 放置できない重大な問題です。 デジタル化による紙メディア減少とか業界の先行きが暗いとか・・・ いろいろ言われていますが、 本当の問題は違うところにあるんだと思います。 言いやすい一般的ないい訳だと思います 会社も業界もその本質に気が付かなきゃいけないし、 若者も自らの主体性不足をもっと認識しないといけない・・・ 続きはまた今度!

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.03.14  不易流行

今朝の新聞の私の履歴書の下のコラムに「不易流行」という言葉が取り上げられていました。

私の独断で解説すると、
不易・・・変わらないもの、培われた知恵、真理?
流行・・・変わるもの、新しい示現、諸行無常や川の流れ
そして、
流行から新しい知恵を吸収し不易なものへと昇華?していく
流行⇒不易⇒流行・・・

なんかいい言葉です。

新しいものを吸収しないと、培われた大切なことがブラッシュアップされないので、
過去の英知が腐っていく・・・

これ以上は墓穴を掘りそうなのでやめたい気分ですが、

ベースが無い中で流行を追いかけて泳ぐのも軽い感じだし、
不易にのみこだわれば古臭く化石にしか思えない、何も考えていない何もして無いと思われてもしょうがない・・・

過去の自分や過去の日本を肯定するためには、その良さを確認して、その上で新しいことに興味を持って触れてやってみて、ブラッシュアップした不易を確認する作業も大事かな?と

そもそもが、ベースをしっかり持った人が新し物好きだと、いい感じがします。



投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)