印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2012.05.27  株主が変わる・・・

印刷関連業界でもオーナーが後継者問題や自力での事業継続等の問題から、
会社を手放し他の会社の傘下になることも増えてきました。

勿論、放漫経営等でそうせざるをえなくなったケースも多いですが。

さて、働いていた従業員ですが・・・

ほぼ全てのケースで仕事が厳しくなったと感じると思います。
経営が厳しい視点で業務をみるようになりますし、
多くの場合、今までが楽で生ぬるかった?かもしれません。

ものは考えようですが、
・過去を反省しこれを機会に自ら市場価値に合う人材になるように努力する
ことが大切だと思いますが、

もし、どうしても譲れない経営方針がとられたら・・・

その方の実力があるのであれば、転職も一つの方法だと思います。
ただし、他人依存的な、会社が変わればみたいな淡い期待の人はダメでしょう。

これからも悩みは続くと思いますが、
是非ご相談ください。

⇒ヒューネットは印刷メディア関連業界専門の人材紹介会社です!

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.05.19  働くもまた悩み多し

印刷会社、印刷周辺会社の中には比較的業績も良く頑張っている会社もあります。
そういう会社でも悩んで働いている方がたくさんいるのいも現実です。


失業中、業績悪化で転職活動中の方には羨ましく思うかもしれませんが・・・ でも私は深刻度・ストレス度合いは場合によっては変わらないと思います。


やはり、
・経営者、役員の問題
・中間管理職層の問題 ・積みあがった悪しき慣習の問題
いろいろありそうです。

見方を変えれば、

・経営方針や手法
・既得権益を守る
・YESマン
・評価 ・感情
などなど・・・

その中でも「物を言えない風土」「上司が馬時代遅れ馬鹿すぎて話にならない」 というのはちょっときついです。

これだけデフレで委縮した時代だと、何をやってもうまくいきずらいということが、 却って正論を封じて、「今までの慣習」を正当化したり・・・ 経営者が優秀でも中間層が駄目だと、経営者と平社員や若手の考えが合って いるのに中間層が意味不明なことしたり・・・


結果的に出る杭を打つのではなく伸ばすことが出来るように、
長く勤務したことだけで評価するのもやめたほうがいいと思うのですが。

印刷関連業界を去る若者が何故、業界を去るのか? 本当の理由はここら辺でしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.05.12  転職って・・・

転職って、仕事って(一般的なサラリーマン)

・職を失えばお金を稼ぐために仕事をする
・会社が危ない給料下げられた
・よりよい条件を求めて
・さらなるやりがい、新しい分野
・人間関係が悪くなって
・・・・・・

いろいろ有りますが・・・

何か、「会社に依存する」「時間を売る」「それしかないから会社に行く」とか、
主体性が無く本当は違うんじゃないかと思っているはずです。
本当にみんな自由じゃない!

本当は、
自分の人生の貴重な時間を有意義に使いたい、新しい発見やワクワク感が欲しい、
いっちょ何かやってみたいとか、そんな風にあるべきなんでしょうが。

ただ、
今は身動き一つ出来ずに時間に追われ、どんどん意味のわからない方向に流れていく。
振り返ったら何だったのか?と疑問に感じているひとも少なからずいます。
勿論、経済的なゆとりも備わった人であったり、仕事能力が高い人かもしれませんが。

よくわかりませんが、

個々人が真に独立した人にならないといけないんだと思います。
国や会社や誰かが何もしてくれないとか言わなくていいような。
そういう気概からでしょうか・・・






投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)