印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2013.10.28  仮説を立てる

情報が氾濫していますが、
先ずは漠然としてでも情報を取集する、
次に少し「ああじゃないかこうじゃないか」と考えながら情報収集する、
そして、
本格的に「実はこういうことか?」としっかりした仮説をたてる。
そして、その考えを検証し、またいろんな事が見えてくる・・・
最終的に問題意識が固まり自分のすべきことが見えてくる。
これから、仕事で身を立てようと考える人は、
最低限このくらいのことは努力しないといけないと思います。
正社員で就職し安定した雇用を獲得したいという気持ちはわかりますが、
その入り口となるチャンスをもらうためには、
面接で基本的な考え方を問われるということです。
アルバイトや派遣のように、作業・時間の代償として賃金を貰うという考え方だけではだめです。
どう貢献できるか、
すなわち、どう考えてどう行動してどう結果を出すかを、
実績の無い人が問われるのが面接だとすれば・・・
日頃の準備がいかに大切かです。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2013.10.18  可能性を拡げる・・・

求職者、転職希望者の方々でもう少し視野を拡げた方が良いと思う事があります。

勿論、自信が持てないとか、何社も面接で落ちたりすると、弱気にもなり考えも狭くなりますが・・・

結局、考え方次第ですし、考えも白黒はっきりさせるべきではないと思います。

突き詰めれば、自分が知っているようで何も知らないことが原因だったりするかもしれません。
特に若年層の方はそういう傾向があるかなと。

就職は需要と供給があり、社会の流れにも逆らう事は出来ませんが、
流動的に考え、臨機応変にしないといけないかなと。

制約の中でも何とか可能性を拡げる事が大事だと思います。

⇒インフィニットHR(旧ヒューネット)は印刷メディア関連業界専門の人材紹介会社です

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2013.10.15  未経験だけど・・・

未経験だけど、広告や出版、印刷やWEB等、メディアに興味を持ち仕事をしたいと思っている方も、
潜在的にはたくさんいると思います。

マーケティングに直結し、クリエーティブな要素が多分にあり、ゼロからの物造りに近い要素は実際に楽しい部分も多いと思います。

勿論、業界としてどうか?という事に引っ掛かる人もいますし、仕事として捉えた場合に、残業が多い少ないとか付加価値が高い低いとか、成長性についても考えると思います。

恐らく、労働環境やお金だけで考えると対象にはならないと思いますし、そういう事ばかりだと、どこで仕事してもつまらなくなるとも言えるかなと。

やはり、自分でこんなことしてみたい!って強く思い感じ言葉に言えるかどうかです。
理想と現実は違いますし、
弊社に相談に来る学生さんや未経験の第二新卒さんなどもイメージ先行の感はありますが、
入社後は多くの方が活躍しています。

そういうヒントになる話を多くの方に出来ればと思っていますが・・・

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2013.10.08  何を思って仕事をするか・・・

同じパターンで仕事をすればどんな人もどんな仕事でも飽きるの普通だと思います。

モチベーションという言葉もありますが、外部環境に依存していると解決は難しいかなと。

やはり、一つの方法は、一段高いレベル感や目標、使命を意識する事かなと。

印刷営業であれば、毎日、クライアントを周り要望を聞いて納期に追われ値段をたたかれる。
から、
例えば、仕事の意味や意義を考える、その仕事の影響を考えるとか、
もっと大袈裟に言えば、自分だからこその役割を意識するとか・・・抽象的ですが。
その中から、少しずつ楽しさや、やってみようという変化改善を求める気持ちも高まるかな?と

単純で容易な仕事でも楽しくする方法ってあるんだと思います。

印刷メディ関連業界専門の人材紹介会社:株式会社インフィニットHR(旧ヒューネット)

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)