印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2014.01.17  忘れてはいけない

書籍やテキスト系の一般印刷物の受注的な営業活動を行っている印刷会社の供給過剰感はまだある。

機械もそうだが、人員もである。

設備に文句は言えないが、人員に経営者や管理職はケチを付ける。
売上や生産性が低い人、いろんな意味で問題のある人・・・

その中で、「使える奴、使えない奴」的な言葉を場面を考えず平気で使う人もたまにいる。
流石に違和感を感じる時がある。
度を超えるとお前は何様だ?と言いたくなることもある。
そういう人は、仮に「使える人」を相手にしても、思ったように動いてくれないか、
指示命令をやり過ごされるかもしれない・・・
心が動かなくては行動にならない。

確かに、資本主義的企業活動を合理的に行えば、ドライに人材を見る必要もある。
但し、現場最前線やモラルを考えれば、ドライだけでは決して成り立たない。

経営者、管理者を見てる従業員は仕事に対する厳しさに失望するのではなく、
そういった人間性に失望を強く感じるのではないか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2014.01.08  変わらなければ???

変革とか、創造とか、新年のトップメッセージで多いです。

ピンと来ない人も多いと思います。

個人的に思うのですが・・・

先ずは世の中の流れとか方向感とか感じて読む力を強めることかなと。

見た目に同じ仕事をしていても、クライアントや同僚からは期待感が大きく変わる気がします。

日頃使うインターネット、WEBマーケティングの世界など変化が激しすぎますが、
そこで仕事をしている人はついていかなきゃいけないし、読んでいかなきゃいけない。
そういう部分が全く駄目だと・・・かなり厳しいと思います。

例えばですが、景気が良くなりつつある際に、食品の問題が起きた・・・
さて、多くの人はどういうマインドになるのかとか読めたりするといいなと。

結局はそういう延長に機会に恵まれてチャンスをものに出来るかなと。

言う方も噛み砕いて言わなきゃ誰も理解できませんので困ります。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2014.01.07  トリクルダウン?

聞きなれない用語ですが、

要は、大企業とか裕福な人が儲かれば、中小企業や持ってない人も恩恵を受けて儲かるみたいなことです。

何か、前政権の真逆です。

最近は賃上げ賃上げと言って、同調する一部の誰でも知ってる大企業の名が出たりします。

さすがに、ちょっと疑わしい気もします。

ただ、例えばですが、印刷業界、
営業が仕事を取って来た、仕事が増えたとして、
DTPオペレータや印刷オペレータの仕事量は増えても時給(労働単価)は上がらないかなと。
残業が増えて総額は増えるかもしれません。
営業は賞与が増えて昇給とかあるかもしれません。
どうしても、仕事を獲得した人の恩賞が大きいかなと。
定時給で残業が過度に多くなればオペレータの人数が足りなくて賃金アップの圧力は高まりますが・・・

やはり、付加価値の高い仕事をしないとという結論になってしまうかなと。

それでも、適度な増量感があった方が知恵も出やすい投資や行動もしやすくなりますから、
反対意見に固執する必要も無いと思います。

その意味で、資産価値の増大と言うのは意外と効果が大きいとも思います。



投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2014.01.06  伸びる生徒

共通点ランキングというの昨年夕刊紙で読んで切り抜いておきました。
1素直
2集中力がある
3自主性がある
4聞く力がある
5生活習慣がきちんとしている
6前向き
7継続力・忍耐力がある
8目的意識が高い
国語力がある
10好奇心が強い
でした。
これを見て、大人の転職力と共通する点も多いなと。

8国語力、これは書類を書くのに大事で、結構難しい。
1素直、凝り固まった先入観を持たない、想像力たくましく。
それぞれ何か重なっていると思います。

失業している方も、燻っている方も、会社に問題ある方も、
良い結果が出ればと思います。

株式会社インフィニットHR

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2014.01.03  人材

某雑誌記事に書いてました、
大手流通のトップが大手電機のトップに聞いた話で、
「人材とは」
・・・
その店(会社)に相応する人が本当の人材であって、
人間として立派だから人材と言えない・・・
町工場に東大出の人が来たら、人材ですか・・・
・・・
いろいろ思いました。
先ず、騙して口説いてそんな人を入れちゃう経営者がいたらそれは凄い。

方や、
スペック云々や組織的合意が出来る人だけを採用しようとする愚かさ。
何かの間違いで採用されても、辞める確率が高い。
そして、人材のせいにしてしまう。
長続きしないですぐ辞めちゃうとか。
オーバースペックの人材を採用したがる。

オーバースペックの人材でも採用して活躍してもらうチャンスはあると思うのですが。
要は、採用側が皆、責任を持って採用を考え実行できれば良いだけです。

応募者も、
そんなにビビる必要はありません。
そんな優秀な人ばかりの会社なんてありえませんから。
不合理な事には、残念ですが、黙って目をつぶり次を探しましょう。


投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)