印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2014.04.11  会社の実情もイメージして

しばらく、はじめて転職活動する方の中に、
採用進捗が遅くて進まない、白黒はっきりしないと思う方も多いです。
確かに、会社側の対応が単純に遅い場合も多々ありますが・・・

そうなんです、今は採用するのも会社内で本当に人悶着です。
それが、いい人だったら採用したいなんです。
そういうケースは先ず無理かもしれません。
(私もつい言ってしまうことがありますが)

どういうことかと言うのを書くのは大変なので、控えますが、
例えば、
業績が相応に厳しい会社で経営者に迷いがあったりする会社をイメージするとか、
使用期間が長いとか、無理難題を言う会社とか・・・
何故そうなのかを考えればと思います。

一つ言えるのは、人物やポテンシャルで経験の有無を問わず問題意識重視で採用すべきと。
潜在力のある人は直ぐ仕事できます。
それと、採用の入り口は人を見る目のある優秀な人を立てるべきです。

投稿者 ヒューネット (20:22) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :