印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2014.12.24  矛盾感

印刷会社は印刷機の稼働率を上げる事で利益を出す!

あたり前ですが、この事に集中し過ぎてきたことで、ずっと働いて来た人の思考回路がどうなったか?

多くの場合、実は、今経営者が求める人材と大きくかけ離れた人材が多く輩出されてしまったかもしれません。

会社の方針に沿って言われたことをやってきたのに人材として認められない感覚もあるかもしれません。

仕事がとても難しくなってきた今、判断してスピーディーに実行する能力が問われています。
ブラックボックスとなる印刷知識だけでは、付加価値が低下して厳しいです。

自己防衛のためにも、とにかく、思考回路が麻痺して判断が先送り(何していいかわからない)、新しいチャレンジ意欲が低下することにならないように、常に自分をブラッシュすべきかなと。

物事を見る際に、視点が3つ位いつも持てるような、思い付きですがそんなことも大事かなと。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2014.12.02  転職したい人の最近多い話

リーマンショック2008、震災2011、
多くの会社が以後、業績悪化で厳しい状況が続いています。
賞与支給ストップ、賃金カット、リストラと削って来ました。

さて、問題なのは「一律カット、一律での支給」です。
業績が悪いから、儲かってる部署、儲かっていない部署、結果を出した人、結果を出せなかった人、
全てをひとくくりにしてしまうことです。
これはそろそろ限界に来ています。
はたして、
何故そうするのか、したいのか、本当の責任は誰でしょう、
仕事のやる気が出るのでしょうか?
結局、仕事をやってもやらなくても同じという、やる気の無い状況が蔓延する元だと思います。
確かに、
退職勧奨する反対側で結果を出した人に賞与を増やし昇給とか、別途新規採用するというのは矛盾感も立ち位置によってはあるかもしれませんが、何もしないで放置することの方が道理に合わないのでないかと。
今の状況だと、転職希望者が増えそうです。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)