印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2015.12.11  新しい広告媒体のあり方

インターネットの普及により様々な物がデジタル化に変化してきた現在では、広告も紙からWebへと変わりつつあります。新聞折り込みなどで多くの人に宣伝効果をもたらしていますが、新聞を取ってない人や外出先でも気軽に広告を目にすることができるよう、Web広告を利用している企業が増えてきました。街中ではデジタルサイネージによりニュースや宣伝を行い、街行く人々の情報源となっています。時代の流れに合わせて大手印刷会社では、デジタルサイネージ向けのコンテンツ配信管理サービスを開始します。無線LAN機能を活用し表示コンテンツを一元管理して、ネットワーク配信が可能となりました。テレビモニターにステック端末を差し込むだけで利用することができるので、幅広いジャンルの企業が活用すると思います。デジタル化の流れが急速に進む中、昔から変わらぬ手法の印刷業界にとって、新しい広告媒体のあり方を取り入れた新たな手法も必要となっていくのではないでしょうか。

投稿者 ヒューネット (18:57) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :