印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2016.02.29  消費者のニーズに応えた機能

展示会や新商品の説明、デパートや駅の案内図などパンフレットを手にする機会は多いと思います。1人でも多くの人の興味を引くよう、思考を凝らしたデザインは多く、見やすさ・分かりやすさだけではインパクトに欠けてしまいます。通常パンフレットの作成は企業や商品のイメージ合ったデザインを考え、印刷会社に依頼することと思います。基本となるデザインフォーマットはWebサイトからダウンロードもすることもできます。色の種類が多く凝ったデザインになるほど、印刷のコストは掛かってしまいます。予算に合わせたパンフレット作りをするために、何度も見積り依頼をしてデザインを考え直すということも少なくありません。限られた時間と予算の中で効率よく作成することができるよう、見積りシミュレーション機能を追加したパンフレット作成サイト「パパット・パンフ」が開発されました。デザインを作成し、パンフレットのサイズや部数を指定するとすぐに作成料金が分るのでとても便利です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.29  地球に優しい印刷

印刷業界に限らず家庭でも環境問題への関心はとても高く、世界的にも重要視されています。誰もが利用している食品や日用品の包装として利用されているフィルムには、通常石油由来の原料が使われています。石油由来の原料の換わりに植物由来であるサトウキビを使用した、アルミ蒸着フィルム「バイオマテックVM-PETフィルム」がかいはつされました。酸素と水蒸気のバリア性の他に遮光性にも優れており、紫外線などによる食品の劣化を防ぐことができます。植物由来の原料と石油由来の原料による機能性の違いはさほどなく、植物由来のサトウキビを原料とすることで、CO2の排出量を削減することができます。ハイブリット車や電気自動車、太陽光パネルなどエコに関する製品が多く取り込まれている現在では、印刷物もエコを取り入れた物が増えてくることと思います。幅広い商品に使用することができるバイオマテックVM-PETフィルムは、環境問題に大きく貢献した地球に優しい製品だと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.19  女性が求める印刷業界の求人

現在では女性も多く働いている印刷業界ですが、専門知識や特殊技術の他、重労働で体力も必要なので女性向の職種ではないと考える人も多いと思います。印刷物の種類は名刺サイズの小さい物から看板などの大きい物まで幅広くあり、素材も紙だけではなくプラスチックや鉄板など色々あります。多くの人がイメージする実際に印刷機で刷る印刷機オペレーターは、重労働でもあり経験を積んだ人でないと難しい仕事だと思います。しかし、印刷業界の仕事内容は印刷機オペレーターの他に、DTPオペレーターや製本など工程ごとに求人も分かれています。営業職の仕事をする女性も増えてきていますが、雑誌や本、CDのジャケットなどをデザインするグラフィックデザイナーやエディトリアルデザイナーを目指し、印刷会社のDTPデザイナーやDTPオペレーターの求人を探す女性も多くいます。印刷業界で専門的な知識や技術も身に付けることで、デザイナーとして美しいデザインを見出すことができると思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.19  印刷業界の求人情報の集め方

一般事務や営業、経理などの仕事はどの業種でもできる仕事ですが、専門知識や特殊技術が必要とされる分野の仕事は業種が限られてきます。印刷業界も専門知識や特殊技術を要する仕事のため、就職を考えて求人情報を探してみたものの、思ったよりも少なく希望の条件に近い求人を探すのは難しいと思います。また、条件は良くても経験者を求める企業が多く、転職者の方が有利であるのが現状です。インターネットやハローワークなどを利用して求人情報を集める人が多いと思いますが、通常では公開されていない求人情報もあり、非公開の企業の方が条件が良いケースが多くあります。これらの非公開の求人情報を探すにはどのようにしたらいいのでしょうか?求人情報サイトにより出版・印刷関連の求人を探すことができます。求人情報サイトは印刷業界専門の方が相談に乗り、希望に近い案件を提案してくれます。多くの求人情報を知ることができ、比較してアドバイスもしてくれるので安心して就職活動ができます。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.15  印刷技術を利用した新たなサービス

自動販売機や自動改札機などタッチコードカードの利用により、気軽に買い物をしたり電車に乗ったりすることができます。今では当たり前となった自動改札機ですが、切符を買う手間が省けるだけでなくラッシュ時でもスムーズに電車やバスに乗ることができとても便利です。タッチパネルの機能を活用してスマートフォンやタブレット端末にタッチコードカードをかざすと、各カードに関連付いたコンテンツを閲覧できる販促支援サービスが開始しました。タッチコードカードは紙やフィルムなどの基材に、導電性材料で電子コードが印刷されています。専用のアプリやウェブサイトを開くとタッチコードカードをかざす指定場所が表示され、ほぼ確実に読み取ることができます。スマートフォンやタブレット端末を複数所有している人が多い現在では、あらゆる情報やサービスをインターネットから得ている人がたくさんいます。タッチコードカードを利用した便利なサービスは注目されることと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.15  印刷業に欠かせない分光測色計

複数の工程から成り立つ印刷の仕事は、それぞれの工程に合わせた専門知識と技術が必要となります。印刷機により実際に印刷を行う印刷機オペレーターは、印刷機の操作以外にインクの調合や紙の管理も行わなければなりません。温度や湿度など気温により左右される印刷機オペレーターの仕事は経験も必要となります。印刷会社ではデザインと同じ色を出すために、100種類以上もある色を調合して行います。デザインの色をより正確に測るため、印刷業界では光による各波長の反射率などを分析して色彩情報を求める分光測色計を利用しています。色彩計に比べ高度な色の解析ができるので、より厳密な色彩情報を得ることができます。この分光測色計に新たにスキャン機能が加わった新商品が発表されました。異なる位置にあるカラーバーも正確に素早く測定することができるので、よりスピーディーに効率良く作業を行うことができます。限られた納期の中で仕上げる印刷業界にとって注目すべき新商品だと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.05  専門分野に分かれた印刷業界の求人

印刷物には紙以外に布やプラスチックなど色々な素材があり、日常生活のあらゆる部分に使用されています。実際に印刷を行う印刷機オペレーターの他、印刷の仕事内容は様々な専門分野に分かれています。印刷物を作るには入稿されたデザインを版になるように取り込み、修正や加工を行い印刷ができるデータに仕上げるDTPオペレーターの仕事から始まります。データにより実際に印刷機を動かして印刷を行う印刷機オペレーターは、紙の管理やインキの調合など印刷機の操作以外にも知識や技術と共に経験も必要となります。最後は刷り上がった印刷物を裁断して、のり付け等により本に仕上げる製本の仕事となります。特殊である印刷業界の仕事は誰でもすぐにできるものではなく、経験豊富な人材を求める企業が多くあります。求人探しには多くの情報が必要ですが、非公開である求人広告もあり情報収集は難しいと思います。印刷業界の方が相談に乗ってくれる求人情報サイトを活用している人は多くいます。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.04  印刷業界への求人の探し方

印刷の仕事は印刷機を使用して作業するだけではなく、いくつかの工程を経て一つの印刷物を仕上げます。営業や経理の他にDTPオペレーターやDTPデザイナー、印刷機オペレーター、製本など専門知識と技術、経験が必要な仕事です。インターネットの普及と共にデジタル化が進み、本や広告もWebを利用する人が増えてきました。しかし、新聞や伝票、食品のパッケージやカード類など私たちの身の回りには、たくさんの印刷物が溢れています。印刷業界ではデジタル化の需要に伴い、DTPオペレーターやDTPデザイナーの求人はこれから増えてくることと思います。多くの企業がパソコンでの作業を主流としている中で、グラフィックデザイナーなどを目指している人が、印刷業界への就職を希望するということも少なくありません。経験者を求める企業が多い印刷業界への求人探しは容易ではありません。求人情報サイトでは印刷業界専門の方が案件を提供し、アドバイスをしてくれるので安心です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)