印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2016.03.04  印刷業界の求人傾向

印刷業界に限らず低迷していた求人情報ですが、近年ではDTPオペレーターの募集をしている企業が多く見られます。以前の印刷方法はデザインを版に制作して印刷機にセットし、インクを調合して行うオフセット印刷が主流でした。版の制作には手間が掛かり、時間とコストを要します。デジタル化が進むと共に、デザインをデータにより直接印刷機に送り、印刷するオンデマンド印刷が増えました。版を制作する手間が省けるため、時間とコストを削減することができ、小ロット印刷でも気軽に依頼することができるようになりました。版の代わりにデザインを加工・修正して印刷ができるデータに仕上げる、DTPオペレーターの必要性が高くなりました。印刷の知識と共にDTPソフトの技術も求められるDTPオペレーターは、現代の印刷業界においてなくてはならない人材だと思います。しかし、実際に求人情報を探してみると、求人数は少ないのが現状です。求人情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

投稿者 ヒューネット (14:44) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :