印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2016.03.19  印刷業界が求めるこれからの求人分野

専門知識や技術を要する印刷業界の仕事は、工程により様々な分野に分かれています。まずは、会社の看板を背負う営業職が顧客を集めます。お客様よりデザインが入稿されると、DTPオペレーターが修正・加工を行い、印刷するためのデータを作ります。時にはお客様の要望により、デザインを考えることもあり、DTPデザイナーも多く活躍しています。データができると印刷機オペレーターにより印刷を行います。印刷機の操作以外に、インクの調合や紙の管理なども行うので誰でも簡単にできる仕事ではありません。経験と技術が最も重要な分野と言えるでしょう。刷り上がった印刷物は製本により、裁断・のり付けして印刷物が完成します。経験者を求める印刷機オペレーターの求人と共に、増えているのがDTPオペレーターです。デジタル化が進み、オンデマンド印刷を行う企業が多いことから、DTPオペレーターの需要は伸びています。グラフィックデザイナーなどを目指す多くの方が活躍できると思います。

投稿者 ヒューネット (17:19) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :