印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2016.03.28  鮮明で無駄の無い昇華転写機

プリント技術が向上した現在では、印刷物により様々な手法があります。版の凸部にインクを付けて転写する凸版。凹部に付いたインクを転写する凹版。平らな版の上に画線部を作成し、インキを乗せて転写する平版。版に孔を開け圧力により通過したインクを転写する孔版。版を作成せずに直接プリントする無版式があります。無版式には静電複写や昇華転写、インクジェットなどがあり、インクジェットプリンターは馴染みが深いと思います。昇華転写はインクジェットプリンターで転写紙に印刷し、熱転写機により高温と圧力を加えて印刷します。通常の転写シートの場合、余白部分をカットしなければなりませんが、昇華転写は印刷部分のみ印刷されるので、綺麗で手間も掛かりません。今回、シリンダーに真空密閉したオイルヒーターを利用したことで、転写紙に奪われる熱の温度差を±1℃に回復しすることで、ムラを抑えより鮮明に仕上がります。効率良く綺麗な印刷ができる昇華転写機に、更なる期待が掛かります。

投稿者 ヒューネット (10:23) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :