印刷会社への求人情報サイト TOP>印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

印刷関連業界の求人転職アドバイザーのブログ

2016.03.28  鮮明で無駄の無い昇華転写機

プリント技術が向上した現在では、印刷物により様々な手法があります。版の凸部にインクを付けて転写する凸版。凹部に付いたインクを転写する凹版。平らな版の上に画線部を作成し、インキを乗せて転写する平版。版に孔を開け圧力により通過したインクを転写する孔版。版を作成せずに直接プリントする無版式があります。無版式には静電複写や昇華転写、インクジェットなどがあり、インクジェットプリンターは馴染みが深いと思います。昇華転写はインクジェットプリンターで転写紙に印刷し、熱転写機により高温と圧力を加えて印刷します。通常の転写シートの場合、余白部分をカットしなければなりませんが、昇華転写は印刷部分のみ印刷されるので、綺麗で手間も掛かりません。今回、シリンダーに真空密閉したオイルヒーターを利用したことで、転写紙に奪われる熱の温度差を±1℃に回復しすることで、ムラを抑えより鮮明に仕上がります。効率良く綺麗な印刷ができる昇華転写機に、更なる期待が掛かります。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.03.28  家庭にも環境にも優しい省エネ対策

エアコンを利用する夏場や冬場になると、「省エネ」の文字を一段と目にすることと思います。環境にも懐にも優しい省エネを心がける人も多く、様々な工夫をされています。テレビやパソコンなどはコンセントから電源を落としたり、ドアやカーテンを閉め冷暖房を利きやすくしたりすることで、使用料は大きく異なります。電気や水道は点けっ放し(出しっ放し)にしてしまう人も多いと思いますが、ちょっとした心がけで省エネ対策に貢献することができます。この度、家庭での省エネ対策を提案する、省エネ診断ソフトが開発されました。家族の人数や使用機器、利用状況などにより光熱費のシミュレーションや性能の診断を行います。診断により省エネによる改善提案やアドバイスを行っており、効率よく安全に使用できるよう機器の拡販やリフォームにも力を入れていくそうです。この働きはガスだけに留まらず、あらゆる観点から利用することができると思います。より快適な日常生活に役立つのではないでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.03.19  印刷業界でより良い条件の求人探し

以前は新聞の求人広告欄や折り込みチラシなどで、印刷業界の求人情報もたくさん目にしていました。最近では折り込みチラシの枚数や求人雑誌のページ数は半分以下に減り、印刷業界に限らず全体的に求人数は大幅に減少しています。インターネットが普及したとこで、いつでも簡単に求人情報を探すことができるようになりました。しかし、専門分野が異なる特殊な印刷業界の求人は、条件に合った会社を探すのは難しいことと思います。経験が重要視される印刷業界の求人では、若い方や未経験の方には困難なことでしょう。求人探しに行き詰まり、妥協したり、夢を諦めてしまったりする人も少なくありません。このように求人探しに悩んでいる場合には、求人情報サイトを利用してみるといいでしょう。印刷業界の専門の方が、相談に乗り、希望に合った案件を提案してくれます。非公開の会社も多く扱っているので、より良い条件の会社を見つけることができます。失敗の無い会社選びをすることができるので安心です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.03.19  印刷業界が求めるこれからの求人分野

専門知識や技術を要する印刷業界の仕事は、工程により様々な分野に分かれています。まずは、会社の看板を背負う営業職が顧客を集めます。お客様よりデザインが入稿されると、DTPオペレーターが修正・加工を行い、印刷するためのデータを作ります。時にはお客様の要望により、デザインを考えることもあり、DTPデザイナーも多く活躍しています。データができると印刷機オペレーターにより印刷を行います。印刷機の操作以外に、インクの調合や紙の管理なども行うので誰でも簡単にできる仕事ではありません。経験と技術が最も重要な分野と言えるでしょう。刷り上がった印刷物は製本により、裁断・のり付けして印刷物が完成します。経験者を求める印刷機オペレーターの求人と共に、増えているのがDTPオペレーターです。デジタル化が進み、オンデマンド印刷を行う企業が多いことから、DTPオペレーターの需要は伸びています。グラフィックデザイナーなどを目指す多くの方が活躍できると思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.03.14  電子化が進む現代の情報手段

インターネットやSNSの利用が日常とされている現在では、スマートフォンやタブレットを使用している人は多くいます。主婦のスマートフォンに関する意識調査を実施したところ、66.3%の人が活用しているという結果となりました。中でも51.4%の人は新聞の定期購読をしておらず、ニュースなどの情報源はスマートフォンから得ているようです。しかし、買い物に関しては「店頭の商品を見て」というのに次いで、「新聞折り込みチラシ」というのが大きな影響を与えています。電子チラシが増えている中、主婦にとって折り込みチラシの効果は未だ衰えていないようです。多くの人に知ってもらうにはテレビCMや電子チラシが有効的でありますが、特定地域の宣伝には新聞折り込みなどによるチラシの方が、効果があるように思えます。インターネットの需要と共に、電子チラシの利用者数も増えていくことでしょう。しかし、確実に消費者の手に届くチラシだからこそ、得られる効果は大きいと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.03.14  勇気や希望を与えるパッケージ印刷

日本には四季折々がなす素晴らしい景色と共に、自然による災害も多く最近では広島県の土砂災害が記憶に新しいと思います。地震・津波・台風・噴火など様々な災害に備え、防災グッズを見直す人も多いのではないでしょうか。印刷博物館P&Pギャラリーでは8月30日より、もしもの時のデザイン「災害時に役に立つ物や心のデザイン」展を開催しています。防災関係商品のパッケージデザインは、人のために役立てるのかをテーマとして新しいデザインを紹介します。何日も避難所生活を送っている人達は、恐怖と不安から精神的ダメージを強く受けています。そのような方々にパッケージを通じて、少しでも勇気や希望を伝える事ができたらとても素晴らしいと思います。また、災害時に役立つアプリやウェブサイト、身近な物を活用する豆知識なども同時に紹介しています。災害は常に私達と背中合わせになっており、いつ起こるか分かりません。災害に対する意識を高め、日頃から備えておくことが大事だと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.03.04  印刷業界の求人情報を集めよう

日本には四季折々がなす素晴らしい景色と共に、自然による災害も多く最近では広島県の土砂災害が記憶に新しいと思います。地震・津波・台風・噴火など様々な災害に備え、防災グッズを見直す人も多いのではないでしょうか。印刷博物館P&Pギャラリーでは8月30日より、もしもの時のデザイン「災害時に役に立つ物や心のデザイン」展を開催しています。防災関係商品のパッケージデザインは、人のために役立てるのかをテーマとして新しいデザインを紹介します。何日も避難所生活を送っている人達は、恐怖と不安から精神的ダメージを強く受けています。そのような方々にパッケージを通じて、少しでも勇気や希望を伝える事ができたらとても素晴らしいと思います。また、災害時に役立つアプリやウェブサイト、身近な物を活用する豆知識なども同時に紹介しています。災害は常に私達と背中合わせになっており、いつ起こるか分かりません。災害に対する意識を高め、日頃から備えておくことが大事だと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.03.04  印刷業界の求人傾向

印刷業界に限らず低迷していた求人情報ですが、近年ではDTPオペレーターの募集をしている企業が多く見られます。以前の印刷方法はデザインを版に制作して印刷機にセットし、インクを調合して行うオフセット印刷が主流でした。版の制作には手間が掛かり、時間とコストを要します。デジタル化が進むと共に、デザインをデータにより直接印刷機に送り、印刷するオンデマンド印刷が増えました。版を制作する手間が省けるため、時間とコストを削減することができ、小ロット印刷でも気軽に依頼することができるようになりました。版の代わりにデザインを加工・修正して印刷ができるデータに仕上げる、DTPオペレーターの必要性が高くなりました。印刷の知識と共にDTPソフトの技術も求められるDTPオペレーターは、現代の印刷業界においてなくてはならない人材だと思います。しかし、実際に求人情報を探してみると、求人数は少ないのが現状です。求人情報サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.29  消費者のニーズに応えた機能

展示会や新商品の説明、デパートや駅の案内図などパンフレットを手にする機会は多いと思います。1人でも多くの人の興味を引くよう、思考を凝らしたデザインは多く、見やすさ・分かりやすさだけではインパクトに欠けてしまいます。通常パンフレットの作成は企業や商品のイメージ合ったデザインを考え、印刷会社に依頼することと思います。基本となるデザインフォーマットはWebサイトからダウンロードもすることもできます。色の種類が多く凝ったデザインになるほど、印刷のコストは掛かってしまいます。予算に合わせたパンフレット作りをするために、何度も見積り依頼をしてデザインを考え直すということも少なくありません。限られた時間と予算の中で効率よく作成することができるよう、見積りシミュレーション機能を追加したパンフレット作成サイト「パパット・パンフ」が開発されました。デザインを作成し、パンフレットのサイズや部数を指定するとすぐに作成料金が分るのでとても便利です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.29  地球に優しい印刷

印刷業界に限らず家庭でも環境問題への関心はとても高く、世界的にも重要視されています。誰もが利用している食品や日用品の包装として利用されているフィルムには、通常石油由来の原料が使われています。石油由来の原料の換わりに植物由来であるサトウキビを使用した、アルミ蒸着フィルム「バイオマテックVM-PETフィルム」がかいはつされました。酸素と水蒸気のバリア性の他に遮光性にも優れており、紫外線などによる食品の劣化を防ぐことができます。植物由来の原料と石油由来の原料による機能性の違いはさほどなく、植物由来のサトウキビを原料とすることで、CO2の排出量を削減することができます。ハイブリット車や電気自動車、太陽光パネルなどエコに関する製品が多く取り込まれている現在では、印刷物もエコを取り入れた物が増えてくることと思います。幅広い商品に使用することができるバイオマテックVM-PETフィルムは、環境問題に大きく貢献した地球に優しい製品だと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.19  女性が求める印刷業界の求人

現在では女性も多く働いている印刷業界ですが、専門知識や特殊技術の他、重労働で体力も必要なので女性向の職種ではないと考える人も多いと思います。印刷物の種類は名刺サイズの小さい物から看板などの大きい物まで幅広くあり、素材も紙だけではなくプラスチックや鉄板など色々あります。多くの人がイメージする実際に印刷機で刷る印刷機オペレーターは、重労働でもあり経験を積んだ人でないと難しい仕事だと思います。しかし、印刷業界の仕事内容は印刷機オペレーターの他に、DTPオペレーターや製本など工程ごとに求人も分かれています。営業職の仕事をする女性も増えてきていますが、雑誌や本、CDのジャケットなどをデザインするグラフィックデザイナーやエディトリアルデザイナーを目指し、印刷会社のDTPデザイナーやDTPオペレーターの求人を探す女性も多くいます。印刷業界で専門的な知識や技術も身に付けることで、デザイナーとして美しいデザインを見出すことができると思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.19  印刷業界の求人情報の集め方

一般事務や営業、経理などの仕事はどの業種でもできる仕事ですが、専門知識や特殊技術が必要とされる分野の仕事は業種が限られてきます。印刷業界も専門知識や特殊技術を要する仕事のため、就職を考えて求人情報を探してみたものの、思ったよりも少なく希望の条件に近い求人を探すのは難しいと思います。また、条件は良くても経験者を求める企業が多く、転職者の方が有利であるのが現状です。インターネットやハローワークなどを利用して求人情報を集める人が多いと思いますが、通常では公開されていない求人情報もあり、非公開の企業の方が条件が良いケースが多くあります。これらの非公開の求人情報を探すにはどのようにしたらいいのでしょうか?求人情報サイトにより出版・印刷関連の求人を探すことができます。求人情報サイトは印刷業界専門の方が相談に乗り、希望に近い案件を提案してくれます。多くの求人情報を知ることができ、比較してアドバイスもしてくれるので安心して就職活動ができます。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.15  印刷技術を利用した新たなサービス

自動販売機や自動改札機などタッチコードカードの利用により、気軽に買い物をしたり電車に乗ったりすることができます。今では当たり前となった自動改札機ですが、切符を買う手間が省けるだけでなくラッシュ時でもスムーズに電車やバスに乗ることができとても便利です。タッチパネルの機能を活用してスマートフォンやタブレット端末にタッチコードカードをかざすと、各カードに関連付いたコンテンツを閲覧できる販促支援サービスが開始しました。タッチコードカードは紙やフィルムなどの基材に、導電性材料で電子コードが印刷されています。専用のアプリやウェブサイトを開くとタッチコードカードをかざす指定場所が表示され、ほぼ確実に読み取ることができます。スマートフォンやタブレット端末を複数所有している人が多い現在では、あらゆる情報やサービスをインターネットから得ている人がたくさんいます。タッチコードカードを利用した便利なサービスは注目されることと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.15  印刷業に欠かせない分光測色計

複数の工程から成り立つ印刷の仕事は、それぞれの工程に合わせた専門知識と技術が必要となります。印刷機により実際に印刷を行う印刷機オペレーターは、印刷機の操作以外にインクの調合や紙の管理も行わなければなりません。温度や湿度など気温により左右される印刷機オペレーターの仕事は経験も必要となります。印刷会社ではデザインと同じ色を出すために、100種類以上もある色を調合して行います。デザインの色をより正確に測るため、印刷業界では光による各波長の反射率などを分析して色彩情報を求める分光測色計を利用しています。色彩計に比べ高度な色の解析ができるので、より厳密な色彩情報を得ることができます。この分光測色計に新たにスキャン機能が加わった新商品が発表されました。異なる位置にあるカラーバーも正確に素早く測定することができるので、よりスピーディーに効率良く作業を行うことができます。限られた納期の中で仕上げる印刷業界にとって注目すべき新商品だと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.05  専門分野に分かれた印刷業界の求人

印刷物には紙以外に布やプラスチックなど色々な素材があり、日常生活のあらゆる部分に使用されています。実際に印刷を行う印刷機オペレーターの他、印刷の仕事内容は様々な専門分野に分かれています。印刷物を作るには入稿されたデザインを版になるように取り込み、修正や加工を行い印刷ができるデータに仕上げるDTPオペレーターの仕事から始まります。データにより実際に印刷機を動かして印刷を行う印刷機オペレーターは、紙の管理やインキの調合など印刷機の操作以外にも知識や技術と共に経験も必要となります。最後は刷り上がった印刷物を裁断して、のり付け等により本に仕上げる製本の仕事となります。特殊である印刷業界の仕事は誰でもすぐにできるものではなく、経験豊富な人材を求める企業が多くあります。求人探しには多くの情報が必要ですが、非公開である求人広告もあり情報収集は難しいと思います。印刷業界の方が相談に乗ってくれる求人情報サイトを活用している人は多くいます。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.02.04  印刷業界への求人の探し方

印刷の仕事は印刷機を使用して作業するだけではなく、いくつかの工程を経て一つの印刷物を仕上げます。営業や経理の他にDTPオペレーターやDTPデザイナー、印刷機オペレーター、製本など専門知識と技術、経験が必要な仕事です。インターネットの普及と共にデジタル化が進み、本や広告もWebを利用する人が増えてきました。しかし、新聞や伝票、食品のパッケージやカード類など私たちの身の回りには、たくさんの印刷物が溢れています。印刷業界ではデジタル化の需要に伴い、DTPオペレーターやDTPデザイナーの求人はこれから増えてくることと思います。多くの企業がパソコンでの作業を主流としている中で、グラフィックデザイナーなどを目指している人が、印刷業界への就職を希望するということも少なくありません。経験者を求める企業が多い印刷業界への求人探しは容易ではありません。求人情報サイトでは印刷業界専門の方が案件を提供し、アドバイスをしてくれるので安心です。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.01.29  印刷業界の進展に期待

企業にとって事業開発は大きな目標と共に、難しい課題の一つと言えるでしょう。新たな土地の開拓や、新商品の研究・開発は次から次へと思い通りにできるものではありません。印刷業界では「Print+innovation」をテーマとした、国際総合印刷機材展「IGAS2015」の出展者募集を開始しました。画素数が上がり技術の向上に伴い、近年では家庭用のプリンターでもとても鮮明に印刷ができるようになりました。技術とコミュニケーションを上手に組み合わせることで、印刷業界が抱える様々な問題や課題を解決へと導いてくれることと思います。発注する印刷業者は勿論のこと、これらを使用するユーザーの人達のニーズに合わせた、新たな活用へと進展することを楽しみにしています。世界を視野においたこのような取り組みは、印刷業界に限らず各業界でも大きな発展となることでしょう。印刷業界の進展と共に、低迷している景気の回復にも役立つことと期待したいと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.01.29  セキュリティ強化で社会貢献

日本国内に留まらず世界的にも問題視されている一つとして、偽造による著作権の問題があります。昔はニセ札が多く出回りニュースでも大々的に取り上げられていました。インターネットの普及に伴い、誰もが簡単に色々なソフトをダウンロードすることができます。プリンターの技術も向上し鮮明な印刷を行うことができ、見た目では偽造かどうか見分けがつきません。現在のお札には凹版印刷や透かし、ホログラム、潜在模様などが施され、簡単には真似できない特殊な技術を組み込んでいます。近年では海外のウェブサイトからもデータをダウンロードすることができ、危険物の製造やキャラクター製品の模倣が多く出回っています。家庭用の3Dプリンターでも簡単に偽造ができてしまいます。この度3Dプリンターを操作した際、違法性がある場合には作動しないというセキュリティプログラムを開発しました。著作権の保護及び偽造商品の流通を防ぐことで、治安が安定し安全な社会へと導いてくれることと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.01.22  印刷業界の転職による求人探し

更なるスキルアップや勤務時間、給与や人間関係などあらゆる理由から転職を考える人は多くいます。求人情報や同業者の話などから、現在の自分の会社の条件と比較する人もいるのではないでしょうか。景気は回復しつつあると報道されていますが、まだ実際に景気回復を実感している人は少ないことと思います。何年も勤務しているのにほとんど昇給がないという企業も珍しくはありません。印刷会社の数はとてもたくさんありますが、決して上向きとは言えない印刷業界の求人は少ないのが現状です。少しでも多くの求人情報を得るために、求人情報サイトを利用している人が多くいます。印刷業界専門の方が相談に乗ってくれるので、希望に合った案件を提供してくれると共に、専門的なアドバイスもしてくれます。豊富な知識や確かな技術を身に付けた経験者を求める企業は多く、転職を考えている人にとっては求人情報サイトを活用することで、条件が良く間違いのない企業を探すことができると思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.01.22  印刷業界にある求人の種類

男社会のイメージが強い印刷業界の仕事ですが、デジタル化が進んでいる現在では女性もたくさん活躍をしています。重たい紙を運び印刷機を操作する仕事と、大まかなことしか分からない方も多いと思いますが、印刷にはさまざまな工程がありみんなで協力して一つの印刷物が仕上がります。印刷業界の求人には営業や経理の他に、DTPオペレーターや印刷機オペレーター、製本など工程に合わせた求人を行っています。中でも入稿されたデザインを修正や加工をして、印刷するためのデータを作るDTPオペレーターや、印刷機の操作に加えインクの調合や紙の管理も行う印刷機オペレーターは、専門知識と技術を要する特殊な仕事です。これらは経験を積んだベテランの方を求める企業が多いように思います。デジタル化のニーズに合ったDTPオペレーターやDTPデザイナーは、印刷業界において需要が高まることと思います。女性の方も多いデザイナーの仕事は、印刷業界でも十分活躍できるのではないでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.01.15  女性も活躍できる印刷業界

1986年4月に男女雇用均衡法が施工され、職場での男女差別が改善されてきました。女性の働ける職場は限られていましたが、様々な分野でも活躍の場が広がり、家庭と仕事を両立している女性は増えています。その一方で、キャリアウーマンと呼ばれる女性も多く、一人でも十分に生活できることから独身者の数も増えてきています。男女平等となり人々の意識が変わり、世間的にも価値観が大きく変わりました。不規則で重労働でもある印刷業界にも、一般事務以外に営業やDTPオペレーター、印刷機オペレーターなど多くの部署で女性社員の活躍が見られるようになりました。印刷工業会では印刷業界の活性化と地位向上を目的とした、「女性活躍推進部会」が発足されました。男性社会であった印刷業界に限らず、各分野の企業においても女性活躍推進は課題の一つだと思います。女性活躍推進部会の活躍が楽しみであると共に、多くの企業でもぜひ女性活躍推進に取り組んで欲しいと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.01.15  樹脂系材料に適した新しいインク

印刷を行うのに欠かさせない物の一つがインクです。パソコンの需要が多い現在では、印刷業だけでなくオフィスや家庭でも、プリンターやFAXなどの使用にインクを使っています。主に紙や写真用紙に印刷することが多いと思いますが、印刷業界ではプラスチックや布、金属塗装板やアルミ複合板など色々な物に印刷を行います。今回LuxelJetシリーズの専用インクとして、樹脂系材料に高い密着性を持つインクが開発されました。樹脂系材料とは収納ケースやCDの基盤、ヘルメットやペットボトルなど日常生活の中でとても多く使われています。インクの密着性が上がることで、縞模様となるバンディングの発生や指紋の付着などによるムラの発生を抑えることができます。低コストでより鮮明な仕上がりとなる新しいインクは、オンデマンド印刷の需要が増えている現在のニーズに合っていると思います。サイン・ディスプレイ業界やシール・ラベル業界にも、大きな影響を与えるのではないでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.01.08  印刷業界における昔の求人と今の求人

昔は新聞の求人広告欄や折り込みチラシ、求人雑誌などから情報を得て職探しをしていました。景気が良かったバブル時代にはアルバイトだけでなく社員募集の張り紙をしている会社も多くあり、就職活動で苦戦することは少なかったのです。夜勤もあり不規則である印刷業界の仕事は一般企業に比べ給料も高めで、高収入を求めるアルバイトの人も多くいました。以前は企業の数が多く求人数もたくさんあったので、条件のいい会社を選ぶことができ大企業に就職する人も多くいました。バブルが弾け不景気になると、倒産する企業も増え新入社員を募集する会社が少なくなりました。就職難が続く中インターネットの普及により、現在では多くの人が求人情報サイトを利用して職探しをしています。デジタル化へと変化する中、厳しい印刷業界の求人数は決して多いとは言えません。厳しい状況だからこそ求人情報サイトにより印刷業界専門の方のアドバイスを受けることで、間違いのない職選びをすることができると思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2016.01.08  求人により印刷業界が求める人材とは

中小・零細企業を合わせると数え切れないほど多くの会社がある印刷業界ですが、行っている出版物の内容により様々な特徴があります。デジタル化が進むと共に版を制作して印刷機にセットし、インクを調合して行うオフセット印刷から、データを直接印刷機に送るオンデマンド印刷へと需要も変わりつつあります。版を作る手間がないので、費用を抑え納期を短縮することができます。しかし、大量印刷の場合にはコストが高くなってしまうので、小ロット印刷に適しています。近年では入稿されたものを加工や修正し、印刷ができるデータにするDTPオペレーターや、印刷のデザインも考えるDTPデザイナーの求人を多く見かけます。印刷の特殊な知識とDTPソフトの技術を要するDTPオペレーターは、デジタル化によるこれからの時代に多く求められることでしょう。即戦力となる経験と技術を兼ね揃えた人材を求める声は多いので、より条件のいい会社へと転職を考える人も増えてくるのではないでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2015.12.25  日本の風習である年賀状

師走になると毎年大掃除や新年を迎える準備で誰もが一段と忙しくなることでしょう。日本では新年のご挨拶と共に、日頃の感謝や変わらぬ厚情のご依頼を伝えるために年賀状が用いられています。多くの企業でも利用されている年賀状は、個人・法人に問わず印刷会社に依頼している人は多いと思います。毎年豊富にある年賀状のデザインは、競争率も激しく一人でも多くの顧客を確保するために試行錯誤していることと思います。早くも4月1日に第2回ジャグラ2015年未年・年賀状デザインコンテストの募集が開始されました。ジャグラ会員企業以外にも、デザイン専門学校や美術大学の学生も応募することができます。グラフィックデザイナーやDTPデザイナーなどを目指す学生にとって、自分の力を試すいい機会となることでしょう。携帯電話を使用する人が多い現在では、メールで年賀状を送る人も増えています。日本の風習である昔ながらの手法を大切に、受け継いでもらいたいと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2015.12.25  ダイレクトメールの需要

6月に「第10会DMマーケティングエキスパート研修会」が開催されます。ダイレクトメールは広告手段の一つとして、多くの会社で活用されています。新商品の紹介やイベントの促進、意識調査の手段として皆様の元へ届いていると思います。ダイレクトメールの受け取り数は1人当たり年間約45通あり、これからまだ増え続けていくことでしょう。ダイレクトメールの需要に伴い、クロスメディアに長けた人材が求められています。クロスメディアとは1つのデータを複数のメディアが利用できるように、データを多用途し出力する方法です。複雑なシステムの作業もあり知識と技術が必要となります。DMマーケティングエキスパート研修会では、ダイレクトマーケティングの概要やダイレクトメールの戦略、データ分析などを研修します。クロスメディアのエキスパートを養成することで、ダイレクトメールの特徴を生かした有効活用ができ、ダイレクトメールの需要と共に印刷業界にも光が射し込むことでしょう。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2015.12.18  印刷業界の求人を探そう

多くの物に使用されている印刷物は新聞や広告、本や伝票、食品などのパッケージからカード類まで、私たちの生活の中でとても身近な物となっています。印刷物のデザインを考えることはできても、版の作成や印刷作業は自分達では難しく印刷会社に依頼をしています。印刷を行うにはいくつかの工程があり、DTPオペレーターや印刷機オペレーター、製本などの作業があります。DTPオペレーターは入稿されたデザインを版になるように取り込み、修正・加工して印刷できるデーターに仕上げます。印刷機オペレーターは印刷機の操作の他に、インキの調合や紙の管理なども行います。温度や湿度により微妙に変化するため、環境への配慮も必要で経験を積んだ人でないと難しい作業です。製本は刷り上がった印刷物を裁断し、のり付けなどにより本に仕上げる作業です。このように印刷業界の求人は様々な専門分野に分かれて募集をしています。自分のやりたい分野をしっかりと把握した上で、求人探しを行いましょう。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2015.12.18  印刷業の女性求人

歴史ある印刷業の仕事は、男性が多いというイメージが強いと思います。男女平等となった現在では、事務職以外に営業や印刷オペレーターなど、女性が活躍している部署がたくさんあります。しかし、上向きとは言えない印刷業界の求人数は少なく、厳しい状況が続いています。新たな人材を1から教え育てるより、経験者を求めている企業の方が多く、転職を考えている人の方が求人数は多いと言えるでしょう。特殊である印刷業の仕事は残業が多く、夜勤もあり勤務時間は不規則となっています。入稿が遅れることも多く、納期がないといったケースは多いのです。無理難題を言うお客様と現場との板挟みになっている営業職の人もたくさんいます。確かな技術を持つ職人肌の人が多い印刷業の中で、女性が渡り合うにはコミュニケーションを図り自分の意見をきちんと言える芯の強い人が向いていると思います。ハードである印刷業の仕事は、みんなで協力して完成した時の喜びと達成感はとても大きいと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2015.12.11  地球に優しい印刷工場

地球温暖化が問題となってから、世界各国で重要視されてきた環境問題。人々のエコに対する認識も高く、日常生活の中で様々な取り組みをしている人は多くいます。工場でもCO2の排出量を削減し、色々な物を再利用してエコに取り組んでいます。今年も印刷産業環境優良工場表彰制度の募集が始まりました。印刷産業環境優良工場表彰制度とは日本印刷産業連合会が主催した表彰制度です。印刷業界の環境問題に対する取り組みの促進や工場の環境改善を目的としています。優良工場として受賞されるとモデル工場として様々な特典があり、印刷業界全体が環境対策について進んで取り組んでいます。このように環境問題に対する取り組みは、色々な分野の企業でも行われています。ISO認証取得や省エネ、グリーン調達などできるところから積極的に取り組むことで、地球に優しい街へと生まれ変わります。私たちも身の回りにおいて環境問題に取り組むことで、物の大切さを改めて実感することと思います。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2015.12.11  新しい広告媒体のあり方

インターネットの普及により様々な物がデジタル化に変化してきた現在では、広告も紙からWebへと変わりつつあります。新聞折り込みなどで多くの人に宣伝効果をもたらしていますが、新聞を取ってない人や外出先でも気軽に広告を目にすることができるよう、Web広告を利用している企業が増えてきました。街中ではデジタルサイネージによりニュースや宣伝を行い、街行く人々の情報源となっています。時代の流れに合わせて大手印刷会社では、デジタルサイネージ向けのコンテンツ配信管理サービスを開始します。無線LAN機能を活用し表示コンテンツを一元管理して、ネットワーク配信が可能となりました。テレビモニターにステック端末を差し込むだけで利用することができるので、幅広いジャンルの企業が活用すると思います。デジタル化の流れが急速に進む中、昔から変わらぬ手法の印刷業界にとって、新しい広告媒体のあり方を取り入れた新たな手法も必要となっていくのではないでしょうか。

投稿者 ヒューネット | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)